ここから本文です

投票受付終了まであと6日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

賃貸契約書について教えていただきたいことがあります。 貸主を甲 借主を乙で、...

bah********さん

2018/10/1112:43:32

賃貸契約書について教えていただきたいことがあります。
貸主を甲
借主を乙で、表示します。

1甲乙共に引っ越し、退去通知など3ヶ月前に報告する。

2家に関する修理、改修は甲は一切関

与しない。費用はすべて乙が、負担する。

3甲が、退去通知をした場合でも、引っ越し先紹介、費用等は一切関与しない。

1の場合、甲が乙に言う期間は6ヶ月前と借地借家法に記載していると思うのですが、
(間違ってたらすみません)
契約書にサインした時点で、契約書が正しくなるのか、否かわかりません。

2の場合 問題外だと思うのですが、
上と同じで契約書にサインした時点でどうなるのか。

3の場合 家賃滞納やトラブルなどの借主の過失によるものなら、仕方ないですが、
貸主の都合だと思うのですが、
上と同じで契約書にサインした時点でどうなるのか。

今回の場合、台風による屋根などの破損で、取り壊しを希望と言うことで、退去通知がきました。
契約書の内容は他にもあるのですが、この3つの内容が、裁判で有効性があるのか知りたく質問さしていただきました。
長文申し訳ございません。
よろしくお願いします。

閲覧数:
16
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

bak********さん

2018/10/1113:45:59

1 借主に不利な特約は無効です。
裁判すれば勝てます。

2 これも同様です。ただ、貸主の修繕義務を免除する代わりに賃料を下げる等、必ずしも借主に不利とは言えない契約であれば有効です。

3 借主に不利です。そもそも貸主から契約を終了させるのはハードルが高過ぎる。
立退料の支払いや、正当事由など総合的に判断される。

  • 質問者

    bah********さん

    2018/10/1115:12:51

    大変貴重なご意見をありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる