ここから本文です

ソニー生命で学資保険の相談をした際に、米ドル建ての終身保険を勧められました。 ...

amn********さん

2018/10/1117:28:37

ソニー生命で学資保険の相談をした際に、米ドル建ての終身保険を勧められました。

毎月15000円うち、ドル建てでは為替リスクがあるので、約5000円ほどに抑え、残りをJAの学資保険など(検討中

)で積み立てようかなと思っています。
もしくは全額を円で残すか迷っています。

保険でドル建てするより外貨預金とか外貨MMFの方がよいのでしょうか?

まだ調べてないのでよくわからないのですが、ジュニアNISAなどはどうなのでしょうか?

無知な質問で申し訳ありませんが、お教えいただけると幸いです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
4,758
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

all********さん

2018/10/1408:42:58

今は予定利率が史上最低水準なので、円建ての学資保険などではほとんど増えません

学資を目的にするなら、いつまでにいくら必要なのか、を確認することです

仮に子供が18歳の時に400万円が必要だ、とすれば、月18000円を18年間貯金すれば388万円になります
月15000円だと324万円です
これが支払えてこの額で足りるなら、別に貯金で良いです

これが家計を考えると月1万円が上限だ、というなら貯金だと216万円しか貯まりませんから、全額もしくは一部をより積極的な運用にしないと400万円に届きません

積立の216万円を400万円にする必要があるなら、それなりの年率になるもので運用しないと達成しませんから、外国株式の投資信託が良いでしょうし、積立額がもう少し可能で300万円を400万円に増やす というなら外国債券でも良いかもしれません

保険にするか、その他の金融商品にするかは、課税が違いますから、税引き後で比較するのが良いです
高所得なら一時所得となる保険より、源泉分離課税のものの方が良いでしょうし、それほど所得が高くないなら保険の一時所得の方が良いかもしれません

ジュニアNISAは学資目的としてはそぐわないと思います

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「学資保険」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

har********さん

2018/10/1510:36:13

確実なのは

・死んで収入が無くなる予定なら、学資保険が有利。ウッカリ生きていたら元本割れも。

・とりあえず預金が無くても学資が足りるなら。
老後の資金に、積み立て年金(正式名称は忘れた)が有利。2種類あって所得税控除される。60から受け取れ、受け取り時の課税は利息に対してのみ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mud********さん

2018/10/1222:51:49

学資は、リスクが少なく顧客に益を確実な還元をするため職員にマージンがないです。
低リスク低リターン

外貨が大切な資金となればよいですが。
ご自由に。
相場なんて誰もわかっちゃないから。
適当な知ったかぶり無責任な読み
両方やるか、他で同時にためていくことですね。

kaz********さん

2018/10/1120:22:40

今は、ドルが高めなので、ドル建ての金融商品は損です。

もうすぐドルのバーゲンセールがあると予想しての売り込みの可能性があるので、今やるのは損です。

金融商品を選ぶ際は、セールスマンが静かな時に、こっそり仕込むのが宜しいかと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる