ここから本文です

国の借金も年収の3分の1までに規制すべきではないでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2018/10/1309:08:23

国の借金も年収の3分の1までに規制すべきではないでしょうか?

閲覧数:
13
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aim********さん

2018/10/1310:03:02

そんなことしたら物凄い不景気になりますよ。借金をするということは、お金を使うということで、お金は使っても消えずに相手に渡り、また使われる循環になります。


世間で言われる「国の借金」「日本の借金」とは、正しくは「政府の負債」です。政府の借金です。「国の借金」「日本の借金」という言葉は間違いで、「外国から借りている」「国民が返すことになる」などの勘違いにつながるため、曖昧な言葉には注意が必要です。

政府は、主に銀行など金融機関から日本円を借りています。この日本円の借金に世間で言われるような問題はありません。
政府・日銀には日本円の通貨発行権があるため、借金を期限に必ず返済できるからです。政府は硬貨を発行し、日銀は紙幣と日銀当座預金を発行します。

現在も日銀が政府の借金を返しています。返せば金融機関の日銀当座預金も増え、また国債が買われます。

増税して借金を減らす必要はありません。
政治には様々な間違いがあります。


日銀が政府の借金を返すと、政府は日銀に借金を返すことになりますが、これは「借換引受け」などで返済されています。
政府による借金返済の財源の一部のために、毎年、日銀は通貨を発行して政府に貸しています。「借換引受け」と呼ばれています。

https://www.boj.or.jp/qssearch.jsp?searchtype=kw&limit=10&qsk1=%e5%...

すると、政府の借金は増えていきますが、これを繰り返せるので大丈夫です。

日銀への利払い費は、必要部分を除き、国庫納付金として政府に返ってきます。そのため、日銀保有分の国債の利払いは問題になり得ません。
https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/outline/a25.h...

仮に政府の借金が問題ならば、政府が無期限無利子国債を発行して、それを日銀が買い取るようにすれば、政府は返す必要のある借金を減らせます。返済・利払いのための借換債の発行も減ります。

借金の返済ではインフレになりません。商売している人のモノやサービスが買われないからです。事実、アベノミクスで日銀は5年間で350兆円ほどの日本円を発行しましたが、インフレ率は約0%です。

政府は個人とは違い、寿命がないので借金を「完済」する必要はありません。
期限の来た分だけ借り換えして「返済」できれば十分です。借りて返す、つまり先延ばしでいいのです。借金を減らす必要はありません。増え続けるのが当たり前です。
市中銀行など貸す方も、目当ては利子をもらうことですから、先延ばしは望むところです。

借金が増えて危機になるなら国債金利は上がりますが、現在、国債金利はほぼ0%なのが事実です。これも日銀が国債を買うことで金利を調整する仕事をしているからです。

政府の借金には問題そのものがありません。

アバター

質問した人からのコメント

2018/10/13 10:37:31

なるほど分かりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

goo********さん

2018/10/1309:31:16

困る人々が路頭に迷うやうになりまつ!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる