ここから本文です

メアリ・ステュアートはどうゆう理由でイングランド王室の継承者だと名乗ったので...

アバター

ID非公開さん

2018/10/2511:49:16

メアリ・ステュアートはどうゆう理由でイングランド王室の継承者だと名乗ったのですか? エリザベス1世と同じような王位継承権があったのでしょうか?

閲覧数:
93
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zen********さん

2018/10/2513:52:59

日本史・世界史の元予備校講師です。

エリザベス1世がスコットランドから亡命してきたメアリ・ステュアートの扱いに困り、彼女がたびたび王位継承があると語ったことについての質問ですかね?

まず、エリザベス1世とメアリ・ステュアートはいとこ同士になります。
同じテューダー家の血が流れているのです。

エリザベス1世の母であるアン・ブリーンは父であるヘンリー8世に不貞(要するに浮気)をした廉で斬首され、エリザベス1世は庶子つまり、王位継承剥奪の扱いとなりました。

ヘンリー8世の死後、異母弟のエドワード6世、ついで異母姉のメアリ1世が亡くなり、王位継承権が回ってきたのです。

一度、父親により庶子に落とされたエリザベス1世。
だったら、自分がイングランド王位を継いでも何らおかしくはないということです。

ただ、エリザベス1世は国教会のプロテスタント。
メアリ・ステュアートは敬虔なカトリックです。

この宗派の違いはイングランドには大きかったのです。
つまり、カトリック教会の教会財産を狙う貴族、大商人といった新興勢力と昔ながらの保守貴族勢力がバックにあり、それぞれのシンボルがエリザベス1世であり、メアリ・ステュアートということです。

血脈的にはふたりはいとこ同士。
ただし、エリザベス1世はヘンリー8世の実子だが、庶子扱いにされたことをメアリ・ステュアートがついたということです。

ちなみに、メアリ・ステュアートが生んだ子がイングランド王ジェームズ1世(ステュアート朝の開祖)です。

エリザベス1世の死後、血脈でメアリ・ステュアートの子が王になりました。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/10/2517:02:03

    ありがとうございます。
    わかりやすかったです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「メアリ エリザベス」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rur********さん

2018/10/2513:12:42

イングランド王ヘンリー7世の曾孫だから。ちなみにエリザベス1世はヘンリー7世の孫。
王位継承権は当然持ってる。

メアリー・スチュアートが認めないって言ってるイングランド公認の王位継承順位でもエリザベス1世の次がメアリー・ステュアート。

庶子だからというのが全てですよ。庶子は本来王位継承権ないのです。
エリザベス1世は「庶子だけど特例で王位継承権を認めた」

「庶子扱いだから」じゃなくて、本気で庶子と見做してます。
そもそも、アン・ブーリンを王妃として認めてません。
(同じ「庶子扱い」でもメアリー1世の王位継承は異論を差し挟んでいません)




エリザベス1世はアン・ブーリンの娘。
エリザベスは生まれた時はイングランド王女だったけど、母アン・ブーリンが処刑された事で庶子となった(王位継承権無くなった)。第二継承法。

ちなみに姉のメアリー1世も、生まれた時は王女だったけど、母キャサリンが婚姻無効とされたから庶子になって王位継承権無くなった。第一継承法。


第二継承法の時点でヘンリー8世に嫡子がいなくなるんで、イングランドの王位継承順第一位はヘンリー8世の姉マーガレット・テューダーの息子であるスコットランド王ジェームズ5世。メアリー・ステュアートの父。


その後ヘンリー8世に息子エドワード6世が生まれる。当然エドワードが継承順一位で皆ひとつずつ繰り下がる。



メアリー・ステュアートが生まれて半年でジェームズ5世が亡くなって、メアリー・ステュアートがスコットランド女王に即位。

この時点で、イングランドの王位継承順第二位はメアリー・ステュアート。



一応エドワード6世がいるとはいえ、イングランドの王位継承者不足は深刻だった。
だから、1543年に第三継承法で、特例で庶子であるエリザベス1世とメアリー1世の王位継承権を認める。


これで王位継承権は

1.エドワード6世 2.メアリー・ステュアートから
1.エドワード6世 2.メアリー1世 3.エリザベス1世 4.メアリー・ステュアート

になる。筈。

ちなみに多分メアリー・ステュアートの次がフランセス・ブランドンでその次がジェーン・グレイ。フランセス・ブランドンはジェーン・グレイの母親。



エドワード6世即位後は、王位継承順位は

1.メアリー1世 2.エリザベス1世 3.メアリー・ステュアート になる。


ただ問題は、メアリー1世もエリザベス1世も庶子なので、欧州ルールだと本来継承権はない事。
イングランドが特例で王位継承権を認めてるだけ。

メアリーとエリザベスの継承権を認めようが認めまいが、エドワード6世が嫡子なのは変わりないんで、エドワード6世が王位についてる間は異論を差し挟む余地がない。



メアリ―1世については

・イングランド的には庶子扱いだけど、カトリックの立場からすれば、そもそもキャサリン王妃の離婚が認められてないんで不当に庶子扱いされてるだけで間違いなく嫡子。
・っていうかそもそも、血筋を重要視するならスペイン王女を母に持つメアリー1世は庶子扱いされる身分じゃない。一方エリザベスの母アン・ブーリンは庶民上がり愛人上がり。
変な言い方になるけどエリザベス1世は庶子扱いされるにふさわしい血筋。
・後カトリック界の大御所スペイン王フェリペ2世と夫婦なんで異論を差し挟みにくいのもあるかも。

この辺の要素が絡み合って、庶子だから女王に相応しく無いって物言いはつかなかった。恐らく一番重要なのは血筋。


しかしエリザベスの母、アン・ブーリンは愛人上がり庶子上がりである。離婚問題無視しても王妃に相応しくない。つまりその娘エリザベスは血筋的に王位に相応しく無い。
基本的に庶子は継承権認められない。メアリー1世は庶子扱いされるにふさわしく無い生まれなので庶子扱いされなかった。
しかし、変な言い方だけど、エリザベス1世は庶子に相応しい生まれだった。王位につくのにふさわしく無い血筋だった。



という訳で、ローマ・カトリック教会は庶子であるエリザベスの継承権を認めなかった。
ぶっちゃけメアリー・ステュアートに限らず、イングランドの外では認めてなかった。
しかしイングランドは既に英国国教会を立ち上げてカトリック離脱済である。カトリックの言う事に従う必要性はない。と言う訳で外野は気にせず欧州の慣習法は無視してイングランド内の意見の一致を持ってエリザベス1世が王位についた。


ソース貼るのめどいので、

エリザベス1世/メアリー1世/ヘンリー8世/メアリー・スチュアート/アン・ブーリン/キャサリン・オブ・アラゴン/ヘンリ8世の離婚問題

辺りのWikip頁みて下さい。離婚問題は世界史の窓で。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

na_********さん

2018/10/2511:59:20

>メアリ・ステュアートはどうゆう理由でイングランド王室の継承者だと名乗ったのですか?
ヘンリー7世の娘マーガレットの孫であったから。

>エリザベス1世と同じような王位継承権があったのでしょうか?
エリザベス1世に子がいなかった場合、イングランド王位継承権者第一位でした。
つまり、エリザベス1世が亡くなると、イングランド女王となるべき地位の人でした。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる