ここから本文です

投票受付終了まであとわずか ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

10月28日夜、横浜市西区の国道16号線で、 神奈川中央交通の横浜駅東口発戸塚駅東...

g_j********さん

2018/10/3108:43:44

10月28日夜、横浜市西区の国道16号線で、
神奈川中央交通の横浜駅東口発戸塚駅東口行きの路線バスが乗用車とその前を走る横浜市交通局の路線バスに追突しました。この事故で乗客の16歳の高校1

年の男子生徒が死亡し運転手の男(30日夜、自動車運転死傷行為処罰法違反で逮捕)を始め乗客が重軽傷を負いました。

この自動車運転死傷行為処罰法違反事件で思ったのですが、国土交通省運輸安全委員会はバス、タクシー、トラック(霊柩車含む)など対面交通の事故に介入出来ず専ら交通警察(警察庁交通局、都道府県警察本部交通部)の管轄なのは何故ですか。
対面交通が警察の管轄にしている理由も知りたいです。

神奈川県警察本部交通部交通捜査課が所轄の警察署に捜査本部を設置した理由、話題が逸れますが殺人事件で必ず捜査本部(必要に応じて特別捜査本部)が設置される理由も知りたいです。

刑事法、行政法学者(又は研究している院生学部生)、刑事事件に詳しい弁護士からのご見解をお待ちしております。

閲覧数:
151
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる