ここから本文です

一戸建て購入についてなのですが、増税後の購入のほうがいいと知り合いにいわれた...

アバター

ID非公開さん

2018/11/511:51:16

一戸建て購入についてなのですが、増税後の購入のほうがいいと知り合いにいわれたのですが、なぜでしょうか?

増税前に購入するか、増税後に購入するか悩んでいます。

よろしくお願いしま

す。

閲覧数:
194
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

rri********さん

2018/11/513:11:47

前々回、消費税が引き上げられた1997年には、新設住宅着工件数は前年比マイナス15.6%という激しい落ち込みを見せました。
そのため、前回は景気の腰折れを防ぐために、国は増税スケジュールに合わせて、「住宅ローン減税の延長」「住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置の延長・拡充」「すまい給付金の導入」という3点セットを打ち出しました。
しかし、こうした優遇制度を作ったものの、14年の新設住宅着工件数は前年比9.0%減で、2年ぶりの90万戸割れとなり、当然に住宅価格の下落につながりました。
そして、売れ残った物件を捌くために、大幅な値引きが行われたのです。
この結果、駆け込みニーズの反動で起こる増税後の住宅価格の下落に加えて、前述した3つの優遇制度を利用すれば、あわてて住宅購入せず、むしろ8%への増税後に購入をしたほうが得だったというケースも多くあります。
なお、具体的に記載すると、2014年4月に消費税が8%へと引き上げられた際、その負担増を軽減するために「すまい給付金」制度が新設されました。これは、一定の収入以下(年収510万円以下が目安)の人が住宅ローンを借りて家を買う場合、収入に応じて最高30万円の給付が受けられる制度です(購入年齢が50歳以上の場合は、住宅ローンを借りない場合でも受けられる場合がある)。これが、消費税10%になると、給付額は最大50万円に引き上げられ、収入の上限(年収775万円以下が目安)も引き上げられます。
この他、家の購入や新築のために、親や祖父母から資金贈与を受ける場合の「贈与税の非課税枠」も変わります。消費税8%の現在は、「最大1200万円」ですが、消費税10%となると、「最大3000万円」まで贈与税がゼロになります(非課税となるためには、贈与の翌年の3月15日までに住宅の引き渡しを受け、遅滞なく居住しなくてはならないなど各種要件あり)。
また、住宅エコポイントの復活も噂されています。

アバター

質問した人からのコメント

2018/11/5 13:29:09

皆さま詳しく回答いただきましてありがとうございます☆

現在提示されてる金額とあと数ヶ月後の提示と比べるのは難しいですが、検討してみます!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2018/11/513:00:25

仮に建物部分の価格が3,000万円、土地の価格が価格が2,000万円の住宅を購入したとしましょう。

建物の消費税:
増税前:3,000万円×消費税8%=3,240万円
増税後:3,000万円×消費税10%=3,300万円

仲介手数料
増税前:5,000万円×3%+6万円に消費税8%=168.48万円
増税後:5,000万円×3%+6万円に消費税10%=171.6万円

増税前と増税後では63.12万円の差があります。

もし住宅ローンを組む場合…
10年間にわたりローン残高の1%相当額が所得税から控除されますが、10年間で最大400万円の所得控除と上限があります。
確かに2%の消費税UPになったことでローン残高も多く残ることになりますが、2%UPして1%戻りですので控除で増税前より帰ってくることにはなりません。

> 一戸建て購入についてなのですが、増税後の購入のほうがいい
こちらについては、増税までにかけこみが見込まれ、ほぉっておいても客が来る(家が売れる)となるため、値引きを考えなくても良いと売主側や不動産側は考えています。
(それどころか儲けを出すために土地価格を高くされている場合も)
増税後、暫くの間は客足が遠のき、買い手が出て来ず、売主や工務店も土地代の値下げ、建物代の値引き交渉等に応じてくれやすくなります。
そういったところから「増税後の方が価格を安く買える可能性がある」とされているかと。

住まい給付金の件ですが、現在(消費税8%)時にも存在し、消費税増税後も今のところ引き続き存在します。
ただ、給付金最大額が変更されます。
8%時は最大30万円、10%時は最大50万円。
差は20万円。
住まい給付金も考慮に入れますと、増税前と増税後では43.12万円の差となります。
差は縮まりますが、増税後の方が多く支払わなければならないままです。

土地については1点ものです。
車やバイクや家電とは違い、同じものが2つと無いものなのです。
今、その土地を見逃がしたら、増税後に同条件の土地が見つけられない可能性もあります。
別にどこに住んでもいい、立地を気にしていないのでしたら増税後もチャンスの1つではあります。
(増税前は値引いてくれなかったが増税後の客が少なくなったところで来店してくれた『買ってくれる客には50~100万円の値引き』をしてくれる可能性もあるので、上に書いた例の「43.12万円の差」「63.12万円の差」を無くしてくれる、うまくやれば総支払額を増税前より下げることもできるようにもなります)

ただ…今、気になる土地が増税後も残っているかと言われたら難しいかもしれません。
今からその土地を予約として買った場合(引き渡しを増税後)、そこまで値引きしてくれるとは思えません。

どうしてもその土地が良い!ではない場合は、増税後から不動産屋に声掛けするのもチャンスの1つです。
どうしてもその土地が良い!と思われてるなら今買わないと無くなって悲しい思いをする可能性もあります。

d_x********さん

2018/11/512:03:03

私の場合、消費税5%→8%に上がる事で、すまい給付金が30万円給付されました。
でもたとえば3000万円の3%なら90万円なので、帰ってくると言っても少しだけですね。
でも、みんなが同じ事を考えているから注文は込み合っています。
この状況で欲しい家が手に入るなら、すぐに建てて良いと思いますが、欲しい家が何かまだ判然としていない、もしくは早く建てるために妥協するようなら必ずかえって損をしますから、着工数が少なくなってから建てた方が良いです。

需給バランスから必ずサービスが良くなり、価格相場も安くなるでしょう。
大事なのは、あなたが待てるかですね。
待てば待つほど性能の良い家が登場しますし。

arl********さん

2018/11/511:53:19

増税後に国からの支援金(補助金)が出る「可能性」があるからでは?

不確かな情報なのであまり鵜呑みにしない方がいいですけどね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる