ここから本文です

日本は満州国を統治していたからニッケルを大量に産出できたはず、ドイツはジェッ...

bio********さん

2018/11/516:53:45

日本は満州国を統治していたからニッケルを大量に産出できたはず、ドイツはジェットエンジンを作ろうとしてもニッケルがなくてすぐダメになった、満州からドイツ本国へ輸送する方法はなかったのか?

補足http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hb/a6fhb400.html
バチカンとナチスはグルだったから教会の組織を使うべきでしたね。安全

閲覧数:
46
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zez********さん

2018/11/517:06:45

満州国を統治していた「から」ニッケルを大量に産出できたって、当時の満州のどこに大規模な露天掘りのニッケル鉱山があるんですか? 坑道掘って鉱石掘り出さなきゃいけないのなら産出量増加させるには莫大な投資が必要になりますし、そもそも満州にそんな都合のよいニッケル資源ありませんよ。現在、ニッケル鉱石はロシア・カナダ・インドネシア・オーストラリア・ニューカレドニアの五か国で産出量の2/3を占める偏在資源です。

で、満州からドイツ本国へ輸送する方法はありません。スーツケースひとつとか重要人物数名とか程度なら日独間の潜水艦による往還作戦が実施されていますが、成功率は低く貴重な情報・人材をあたら海底に沈める結果に終わりました。まして鉱産資源なんて船団組んで大規模に輸送しなきゃ意味がない荷物ですが、そもそも日本は日本本土と自分たちの前線との間の航路を確保することすらできない国でした。いわんや日独航路をや。論外です。独ソ戦が始まらなければシベリア鉄道によって少人数の人員輸送程度ならできたかもしれませんが、始まっちゃいましたからね、独ソ戦。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

zeu********さん

2018/11/517:13:24

満州、今の中国東北部にニッケル鉱の産地なんてありますか?

そもそも満州国の時点では満州に油田があることすら発見できなかった日本。
戦前にニッケルなんてレアメタルを探すより、石油が出たら太平洋戦争も起きなかったのにですけどね。

大慶油田は1953年と終戦八年後に発見された中国最大の油田。
石油を早くゲットしていれば、そもそも太平洋戦争はなかったです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる