ここから本文です

鍾会についての質問への回答を拝見しました。 数値化もされていてお詳しい方とお...

プロフィール画像

カテゴリマスター

ルッカさん

2018/11/602:34:15

鍾会についての質問への回答を拝見しました。
数値化もされていてお詳しい方とお見受けしますが、
鍾会の知謀についての判定に個人的にですが少し
違和感を感じましたので質問させていただきます。

あなたのご意見によりますと、

「鄧艾をはめた鍾会が上」

と判定なさっておられます。
結果論としては策が上手くいったと確かにいえる
面もありますが、個人的にはこれは策というより、
むしろ讒言が奏功しただけのような気もしています。
この理論でいく場合でしたら、馬謖も小説で
司馬懿を策によって失脚させることに成功しており、
だから司馬懿より知謀が優れているというような
ことにもなりかねない気がします。

もちろん、そのようなことはあり得ないわけですし
讒言により陥れることに成功したからといって
それが直ちにターゲットより知謀が上であるという
ことにはならないのではないかと考えますが、
このあたりのあなたのご見解をお聞きしたいです。

閲覧数:
75
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kum********さん

2018/11/616:26:20

私の能力値はあくまでも正史準拠になりますね。その場合、実際に相手をうまく嵌めたケースってかなり減るのですよ。馬謖が司馬懿を嵌めた行為は当然小説で創作されたフィクションですので、能力値への考慮はされません。

鍾会の正史での知謀の高さを示すエピソードは鄧艾の件だけでなく、毌丘倹や諸葛誕の乱で参謀として軍事を取り仕切り、呉の全懌と兵士を策略で全員降伏させたことや、嵆康を策で処刑、諸葛緒の兵権をうまく取り上げる等、良きにつけ悪しきにつけ、頭の回転の良さで色々策略をめぐらして、敵を降伏させたり、邪魔な人間を排除している点です。

他にも細かいことを上げると頭の良さと、それを生かす場面はあちこちに散見されます。張良にも比せられたことがあるぐらいなので、知謀に関しては鍾会の方が上で良いのではないかな、と判断しています。

鄧艾は大局的な観点から(例えば兵站問題などから相手がどの方向に進出してくるか、等)軍を動かすケースが多く、戦場で策を弄するより、事前準備で相手に勝利できるような戦い方を行う軍政家としての側面が強い。

個人的には曹操に近く、軍事政治ほとんど能力に穴の無い人物だと考えていますが、最後のやられ方から、唯一知略面で隙があったのではないかな、と思っています。

  • 質問者

    ルッカさん

    2018/11/616:36:12

    なるほど、わかりやすいご回答に感謝いたします。
    知らないエピソードなどもたくさんありました。
    それでは、あえて馬謖が司馬懿をはめた行為を含むと
    した場合でしたら鍾会と馬謖の能力は僅差になると
    お考えでしょうか?それとも、それを含んだとしても
    まだ能力にはそれなりに隔たりが出るとお考えでしょうか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/11/6 17:36:55

ご親切にご対応頂けましてありがとうございます。
小説での活躍を考慮するかどうかにより評価は
大きく変わらざるを得なくなることも改めて実感
しています。歴史はこういう部分も難しいですね。
いずれにせよ魏の国の人材層の厚さには驚きです。
姜維も元は魏の武将でしたし、それに匹敵したり
上回ったりする武将を次々と出してくるのでは仮に
蜀に諸葛亮が生きていてもどうしようもなさそうですね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる