ここから本文です

不能犯について質問なのですが、 例えば薬品Aという、犯罪実行時点では一般的に人...

アバター

ID非公開さん

2018/11/914:12:27

不能犯について質問なのですが、
例えば薬品Aという、犯罪実行時点では一般的に人体に害がないとされている薬品があったとして、
この薬品Aを用いて知人Xを殺害しようとした人Yがいるとします。

この人が犯行実行前に逮捕され、殺人未遂以外の判決を受けた後に、薬品Aに関する研究が進み、
一部の人に対しては致死的な毒物であることが判明した時、
殺害しようとした人Yが、個人的研究により、前もって薬品Aが知人Xを死に至らしめると確信していた場合、
すでに判決は決まっているために罪状は変わらず、殺人未遂とは決してならないのでしょうか?

閲覧数:
34
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/11/1001:42:30

すでに判決は決まっているために罪状は変わらず、殺人未遂とは決してならないのでしょうか?

憲法39条後段に照らし、御指摘のとおりです。

第三十九条 何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問はれない。又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

zak********さん

2018/11/919:08:11

素人さんですね?

この薬品Aを用いて知人Xを殺害しようとしたことにつき判決が出たなら決してなりません

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる