ここから本文です

また自衛隊の事故・・・事件? 迫撃砲の練習中にデータミス?で道路上に着弾、以...

bik********さん

2018/11/1511:32:27

また自衛隊の事故・・・事件?
迫撃砲の練習中にデータミス?で道路上に着弾、以前は民家に。

この程度のレベルで防衛なんてちゃんちゃらおかしいと思いませんか?

実弾と言ってたので危険極まりないし、第一税金の無駄。こんなことに税金を使ったりしてるから不足し、消費税あげるんじゃないの?

どう思いますか?

閲覧数:
71
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sha********さん

2018/11/1511:42:23

消費税の増税は、意味がほとんどないですね

国は消費税をあげる前に法人税を引き上げて税収あげた方が簡単に多く増やせますね

また消費税の増税分の税収は当初半分以上を国債返済に当てる予定で組んでたようですが、現在は大幅に代わり国民の社会福祉にあてる他に国防費にも振り分けされてますね

今回の迫撃砲の事故ははっきり言ってテロのようなものだと思ってます
訓練なんかに実弾使って無駄金使ってそれを隊員のミスで国民一人が死にかけた
こんなバカな話がありますか?

まともに重火器も扱えない隊員は除隊させ終身刑に科すべきです

  • 質問者

    bik********さん

    2018/11/1717:19:27

    終身刑とは・・・(笑)あり得ないことですがそのくらい深刻、問題なのは伝わりましたよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kaw********さん

2018/11/1515:04:45


「おい また政府軍の攻撃か?」
「戦うしかないね」
「よーし これでお返しだぁー」

■
「おい また政府軍の攻撃か?」
「戦うしかないね」
「よーし これでお返しだぁー」

ton********さん

2018/11/1513:00:15

昔は榴弾を遊園地に間違えてもニュースにはならなかった

kit********さん

2018/11/1511:54:47

戦時中・・・・・。
作家の司馬遼太郎氏が戦車部隊に配属され、
佐野辺りに駐屯していた際、
九十九里浜に連合軍が上陸した場合には、
民衆は内地へと逃げ込んでくるが、
迎え撃つ戦車部隊は民衆とは逆進することとなる。
逃げてくる民衆は進軍の妨げとなりますが・・・・・と、
上官に質問したことがあって、
上官曰く、「(逃げてくる民衆は)轢き殺して行け!!」。
一般人は、勘違いしている様だけど、
軍隊とは、国民を護るために存在しているのではなく、
『国家』を護るために存在する。
いわば『国権』を護持するために存在するのだから、
民家に着弾しようが、道路に着弾しようが意に介さない。

一寸ひねくれて考えると、
災害派遣時の自衛隊の活動などは、
政治パフォーマンス(政権与党への媚び諂い)と、
納税者へのガス抜きと考えると、
その自衛隊の存在のなんたるかが判る様な気がします。

aki********さん

2018/11/1511:53:55

三倍ぐらいまで増額して事故が起こらない万全の体制を築いてもらわんとな。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる