ここから本文です

大河を見ると、「一連の汚職で中央から遠ざかった長州が、再び中央に返り咲く為に...

tor********さん

2018/11/1520:09:13

大河を見ると、「一連の汚職で中央から遠ざかった長州が、再び中央に返り咲く為に大久保を利用した」ように見えますが、実際はどうでしょうか?

確かに大久保が内務卿の時には、部下に長州勢が多いとも思えますが…

閲覧数:
40
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2018/11/1522:11:37

薩摩閥の多くが西郷に従って下野してしまい、
かと言って、板垣、後藤らの土佐閥とは、
意見が対立しているし、肥前閥も江藤新平のグループとは、
天敵のような関係です。

だから、大久保としては、長州グループと手を組まないと、
人材不足になってしまうという背景があったと思います。
かつて、意見対立した大隈重信とも手を握り、
前島密のような幕臣も登用していて、
藩閥を横断した、大久保派閥を形成したかったのでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ojy********さん

2018/11/1520:49:42

そうは言えない

長州の汚職と言っても井上と山縣でしょ
伊藤は別の原理で動いている

実は逆で、大久保は政治的に勝つために長州を引き込んだとも言える

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる