ここから本文です

高校化学です。 炭酸塩についてなのですがネットとかで『覚えるのはBaCa炭酸』と...

lpz********さん

2018/11/1618:45:00

高校化学です。
炭酸塩についてなのですがネットとかで『覚えるのはBaCa炭酸』とか『2族元素』だとか言われていたんですが、調べてみるとアルカリ金属以外はなんでも沈殿するようで……。教科書

においても炭酸塩について言及はなく、『アルカリ土類金属は炭酸と反応して塩を作る』とアルカリ土類金属のページに書かれていただけでした。
何か違いがあるのか。なぜ2族元素だけが毎回ピックアップされているのか誰か教えてください。

閲覧数:
73
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kir********さん

2018/11/1620:05:24

>炭酸塩について言及はなく >2族元素だけが毎回ピックアップ

真実はわかりませんので想像です(根拠はあります)。いくつか書きます。

(1) 文部科学省の高等学校学習指導要領(教科書の元になる法令)によると、化学基礎では「「元素の確認」については,炎色反応や沈殿反応を扱うこと」とあります(化学のほうには沈殿という語は出てきません)。
炭酸イオンによる沈殿反応は、元素の検出法としてはほぼ2族元素の陽イオンにしか使わないので、他の金属元素の陽イオンは扱っていないのでしょう。

(2) ではなぜ2族元素以外は炭酸イオンが元素の検出法として適さないのかを考えると、「炭酸イオンは塩基性でないと存在しないから」と考えられます。
炭酸イオンとの沈殿反応は塩基性でないと起こりません。
しかし、1族・2族以外の多くの金属陽イオンは、塩基性にするだけで沈殿するので、わざわざ沈殿させるのに炭酸イオンを加える理由がありません。
Ca²⁺, Sr²⁺, Ba²⁺ は水酸化物が水溶性のため塩基性にしても沈殿しませんが、炭酸イオンを加えると沈殿するので、検出法として有用です。

(3) Fe³⁺の水溶液にNa₂CO₃水溶液を加えると炭酸鉄(Ⅲ)ではなく水酸化鉄(Ⅲ)が生じるとか、Cu²⁺の水溶液にNa₂CO₃水溶液を加えるとCu₂(OH)₂CO₃が生じるとか、Al₂(CO₃)₃は不安定であるなど、炭酸イオンが関与する反応が複雑であるため。
また、そのため大学入試問題としても取り上げにくいのだと思います。

疑問点などがあれば返信してください。

質問した人からのコメント

2018/11/18 11:28:15

具体的な根拠を3つも揃えて説明して下さってありがとうございます。納得出来ました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる