ここから本文です

ボヘミアンラプソディを観て、フレディは不特定多数の男たちと関係を持ってエイズ...

htm********さん

2018/11/1923:49:18

ボヘミアンラプソディを観て、フレディは不特定多数の男たちと関係を持ってエイズ発症。あの時代のゲイの人たちはエイズで亡くなった人が多かったですから衝撃的ですが有り得たことかなと思います。

フレディ以外のメンバーは愛人でなく全員奥さんをレコーディングに連れてきてたし、ばか騒ぎのフレディのパーティにも途中退席するくらい品行方正でした。みんな大卒のインテリエリートですから、当時の他のロックミュージシャンとは違うのかも知れませんね。

それにしても品行方正。実際もそうだったのでしょうか?
リアルで当時を知っている方いますか? あの裏切り者のポールなんてフレディのことをやりちん呼ばわりでした。フレディだけがあまりにひどい仕打ち。
映画製作に係ったからブライアン・メイなどは超いい人に描いてもらっているのでしょうか。好きにしてと思っているファンや取り巻きだらけの中で品行方正に生きることのできるロックミュージシャンなんて、夢まぼろしではないかと思ったので質問です。

閲覧数:
14,626
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kam********さん

2018/11/2011:32:45

彼らのバイオグラフィを読みましたが、
確かにフレディ以外のメンバーには、
女性関係や薬物など、羽目を外すシーンが無かったですね。
デビューした頃は既に30歳近くですし、
家庭もあって、すっかり落ち着いていたのではないかと思います。
来日した際の女性ファンの熱狂に驚いたぐらいですから、
母国ではさほど注目されていなかったのは事実でしょうね。
なお、同じ著者が書いたエアロスミスのバイオグラフィは、
それはそれはドラッグと女まみれの内容で、
これでよく来日できたものだと、
クイーンとは好対照で面白かったです。

  • 質問者

    htm********さん

    2018/11/2200:29:06

    ありがとうございます!
    エアロスミス!知ってます。確か唇が魅力的なボーカルのバンドですよね。私の好きなドアーズも映画になりましたが、ドラッグと女まみれで最後もオーバードーズで死んだようなものでした。でもこういう生き方も有りだと思ってます。

    バイオグラフィ読んでみました。クイーンの他のメンバーはちょっと違ったのかも知れませんね。ロジャーはライブの時に女子から「ハーイ、ロジャー♡」と声をかけられてましたし女の話題も出てましたから、もしかしたら結婚するまではモテモテだったかもしれませんね。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ゲイ エイズ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

les********さん

2018/11/2307:20:59

ミュージシャンは基本的にマジメです。マジメじゃなく練習もしないでいたとして、コンサートで毎年「ヘタだな」言われて20年も活動を続けられません。スタッフに嫌われて憎まれて仕事はうまくいきません。ほとんどが潰れていくか一発屋、その中で20年でヒット多数だからレジェンド。

特にクイーンは毎年アルバムを出し(20年で14枚)、その間に世界で50本とか80本ライブコンサートがあり、曲書きレコーディングもある。アメリカで100万枚以上売ったアルバムが8回。

kis********さん

2018/11/2220:26:41

>それにしても品行方正。実際もそうだったのでしょうか?

そうだと思います。皆、育ちが良いですものね。
4人ともしっかり学校教育を受けていますし、それには堅実な親の元で正しい愛情をかけられて育っていなければならないでしょう。
彼らのエピソードからそう思えるのです。

ちなみにですね、イギリスは日本と違って、学校教育が「複線式」なので、5歳で行く方向が決まってしまいます。なので、子どもを大学までやろう、という親は相当考えている親ですね。

かつて、ブライアンが
「ロックミュージシャンは、失業中にギターを覚えた、元トラック運転手だと思われているんだ。」
と、言っていたことを思い出しました。

>好きにしてと思っているファンや取り巻きだらけの中で品行方正に生き>ることのできるロックミュージシャンなんて、夢まぼろしではないかと思ったので質問です。

かつて「ロックは不良のやる音楽。」だと思われていたのを覆したのはクイーンが最初じゃないかな、と思いますが、いかがなものでしょう。

cry********さん

2018/11/2000:27:34

結婚するまでのツアーの様子として、十分ロックスターをenjoyしてたような描写はされていたと思いますが(^_^;)

フレディの場合は、ちょっと問題の所在どころが違うわけです。

フレディからHIV感染したのか、感染したと思い込んで(当時)、自殺した人が日本人でもいました。知らないだけで外国でも大変なことになってたりしたのではないですか。

だからフレディは潤沢なお金持ちでもあり、高額な先端治療に対してのありとあらゆる手段を(現在から考えれば不十分だったとしても)とることが出来たし、若い時からも友達メンバーやメアリーさんや仕事関係のスタッフはじめ、ジムハットンさんは最後まで看病してくれました、という美談も残ったわけですが、こういうのは本当にごく一部のセレブにだけに可能な話であったと考えた方が妥当に思われます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる