ここから本文です

昭和の陸軍統制派は 軍が合法的に政治の主導権を握って 統制経済を敷き 国家総...

an_jyuukonさん

2018/11/2207:54:49

昭和の陸軍統制派は
軍が合法的に政治の主導権を握って
統制経済を敷き
国家総力戦体制を敷こうとしていたそうですが、
企画院はそのための組織でしょうか。

また皇道派という人たちの目

的は日本の政治を天皇親政に戻すことが目的だったんですか?

閲覧数:
28
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

goo********さん

2018/11/2211:55:39

企画院自体はその前身が統制派が陸軍を制したころよりすでにありますので、統制派が作った、というのはちょっと違うと思います。相互に影響を与え合って、企画院の形になったと考えるのが妥当ではないでしょうか。

>皇道派という人たちの目
的は日本の政治を天皇親政に戻すことが目的だったんですか?

そういったところですが実に観念的で非現実的なところがありました。理論上は北一輝の「日本改造法案大綱」でしょうがどこまで理解していたかですね。
皇道派の領袖だった荒木貞夫からして「国防は竹槍3千万本あれば事足りる」などと閣議で放言するほどですから。2・26の時も将校たちは要人を暗殺はすれどもその後の処理は実にお粗末です。同じ皇道派の将官たちがうまく処理してくれるだろうと丸投げし、放送局選挙というクーデターに不可欠な行動も行っていません。

質問した人からのコメント

2018/11/28 21:13:55

皇道派というひとたちは夢想家の様ですね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる