ここから本文です

住宅借入金等特別控除申告書について。 夫婦で連帯(8:2)で借り入れをして、今年...

アバター

ID非公開さん

2018/11/2817:41:58

住宅借入金等特別控除申告書について。
夫婦で連帯(8:2)で借り入れをして、今年で9年目です。夫側として今更ながらお恥ずかしい質問です。確定申告をした翌年から記入した住宅借入金等特別控

除申告書を参考に毎年記入していました。
しかしそもそもその初回から間違えていて今の今まで気付かずに記入していたところがあります。備考欄の部分「連帯債務者〜〜」の部分は、金額は自分の残高金額を記入すべきところを、すべて妻の方の残高金額と勤務先名前・捺印をしていました。
そして、去年(29年度)の申告書については、合算残高は合っていましたが、自分の分の残高金額を28年度の金額をそのまま写して提出してしまい、実際より多い金額になっていました。(毎年コピーを取っていたので今気づきました)
しかし、源泉徴収票には正しい残高で計算された金額が出ていて安心しました。
そこで質問です。
当方のような連帯債務の場合、住宅借入金等特別控除申告書に誤りがあった場合、誰がどのようにして正しい金額を算出してくださるのでしょうか?銀行から来る残高証明書は夫婦で合算した合計残高なのに、なぜ8:2とわかるのでしょうか?
確か、確定申告のときに割合を記入したと思いますが、そのデータを元に税務署で修正してくれていたということでしょうか?

補足回答ありがとうございます。
会社の人が訂正してくれたとしたら、会社のは何故8:2と分かったのでしょうか?確定申告翌年の2年目の住宅借入金等特別控除申告書の金額からの算出ですか?8:2と記入するところもなかったので証拠になるものは無く、割合は初回の住宅借入金等特別控除申告書での自己申告ということになりますか?

閲覧数:
257
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

さん

2018/11/2817:58:32

税務署ではないです。おそらく会社の年調担当者の方。ありがたいですね~(^^)/
きっとどこかに持分割合書いてるんですよ。

  • さん

    2018/11/2820:47:06

    では最初の年調の時にあなたが聞かれて答えた、とか。
    計算に必要な情報が抜けていたら私だって聞きますからね。(本当は本人に投げ返して訂正してもらうのが正しいんでしょうけど)

    ああ可能性はもうひとつ。取得価格より借入金が多かった場合ですね。
    借入金の年末残高と取得対価のどちらか少ない方の1%、なので。
    取得対価の方で計算されていて「たまたま合っていた」ってことかもしれませんねー。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/12/4 20:53:30

ありがとうございました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる