ここから本文です

12月11日放送のザ!世界仰天ニュースのことです。 ハワイで暴漢に襲われて、現地の...

tak********さん

2018/12/1208:25:14

12月11日放送のザ!世界仰天ニュースのことです。
ハワイで暴漢に襲われて、現地の病院で治療を受けたところ、800万円以上の治療費になった…という内容でした。
そもそも海外で治療を受けても

日本の健康保険は適用されるはずです。国内基準の治療に限られるとしても800万円もかかるとは思えないのですが、番組では一切健康保険のことに触れていませんでした。
私の認識に間違いありますか?

閲覧数:
190
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koo********さん

2018/12/1210:39:36

アメリカの医療費は高いし、現地の人は十分な保険に加入している人も多くはないので、病気になっても極力病院に行かないとか、入院なんかしてもまだ入院治療が必要でも早々に退院したりする。
一日ICUに入るだけで百万円はゆうに超えるらしいから800万円という治療費を請求されることは不思議ではない。
救急車に乗るだけで10万円以上程度請求される場所だからね。
日本の健康保険の適用は日本国内で同様の治療をした場合にかかる予想金額から自己負担額を差し引いた金額ですから、あちらでの請求費用がまかなえるものではありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bra********さん

2018/12/1313:05:52

いつもは法律カテゴリにいるんだが、なぜかおすすめで出てきたので個人的な回答をします。

番組見ました。あのような場合、俺なら無視しますね。
知人が募金を集めてくれたから良かったけど、そういう知人がいなければ払うはめになるというのはおかしい。

確かに海外は、日本のように保険に加入していない人が多いので救急車も有料の国が多いし、アメリカもそうです。
しかし、日本人は、保険を支払っており、保険が適用される前提で生きています。
旅行のときも保険に加入して旅行しますよね。

番組では、旅行中の想定外の出来事には適用されないと言われてましたが、当事者は、保険が適用されること前提で旅行しています。
法外な高額な治療費が請求されるなんて寝耳に水、しかも旅行の保険が適用されないなんて想定外の心裡留保や錯誤の状態であり、しかも、暴行した犯人が100%悪く明らかに自分には過失がない。完全にあの人は善意無過失です。
人権という観点から、その国で事件等が起きて怪我を負ったらその国が対処するのは当たり前。
そう考えると、治療を行うのは当然であり、その治療費等は、その国の法に基づいてその国が犯人に請求すべきではないか、と考えます。

それに、海外の病院がいくら日本人に請求したとしても、裁判するのは容易ではないし、裁判されたら、上記のように、自分には過失がない、払う義務はないと主張して戦えばいい。
病院が治療を施された人に治療費を請求するのは自由だろうけど、請求された側は、その背景を考え、拒んでよい。
私に請求するのは間違いだ、私は日本人だから日本法を適用しろ(属人主義)と主張し一切払わない意思を示してよい。
払えと言ってきているものを払わなければいけなくなるのは、最終的には、裁判をされて判決で決したときだけど、もし、海外から日本国内で債務不履行として裁判されて敗訴したとしても、今度は、こっちから、その犯人に対して求償権を行使して、犯人に同額および慰謝料を払えと請求してやればいい。

払えと言われたり、請求書が送られてきたりしたら、払わなければいけないものかのように捉えて、それを真に受けてしまうのは、真面目な日本人の性格が災いしているといえます。

このような事態こそ、国際法や自然法などで対処すべきで、個人間のやりとりではないと思いますね。
結局あの人は、知人が集めた募金や自分のクレジットカードの枠を使うとかして払ってしまったみたいだけど、断固拒絶すべきだと思います。
そういう調整がされてないのは国の問題。
それに旅行会社にも問題があるとも思います。
海外旅行の際には、病気や怪我とか、なにかあったときの備えとして保険に加入して旅行するんだから、今回は適用されませんなんてふざけた話は論外です。
旅行会社に請求額と同額を国内で(旅行会社が信義則違反、自分が善意無過失等で)請求しても良いと思います。


したがって、海外で旅行中に暴行事件に巻き込まれ治療をされ、それで高額な治療費が請求されても、断固拒否!裁判してこい!自分には過失がない、犯人に請求しろ!保険会社お前らもふざけんなよ、お前ら払え!法外な治療費は双方の合意外の債務で無効だ!だが治療するのは人権の観点から当然だ!保険制度が整備されてないのはお前らアメリカの都合で日本人は関係ない!こっちは拒否するから裁判でもしてこい!徹底的に戦ってやる!
という姿勢でいいと思います。
日本国内の裁判では、まず善意無過失なので債務は無効と確認されるでしょう。
請求された時点で、債務の無効確認の訴えを起こして、その治療費を払う必要はないと国内で判決をもらっておくのもいいかもしれません。
もし本当に最終的に払わなければいけなくなっても、それを強制的に払わせるには、海外の病院が強制執行をしなければいけないし、自分に金銭的余裕がなければ自己破産などして踏み倒せばよい。
自分が悪くないのに、800万円を払うなんて馬鹿な話が、現代の法の基本原則、つまり自然法が許すわけはない。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる