ここから本文です

戦前は親から勘当されますと戸籍上も消されたと聞きます。すると役場に行きますと...

アバター

ID非公開さん

2018/12/1417:15:01

戦前は親から勘当されますと戸籍上も消されたと聞きます。すると役場に行きますと勘当届出書・縁切り届けみたいなものがあったのですね!?

補足ありがとうございます。質問は役場に行きますと勘当届出書・縁切り届けみたいなものがあったのですか、です。

閲覧数:
98
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sp7********さん

2018/12/1521:09:24

勘当は戸籍法に基盤を置くような法的な制度とは違います。
戦前の旧民法においても、戸主権の行使としてのいわゆる勘当は実質的にはあったでしょうが、
①分籍
②孫の入籍拒否
③出入禁止
④相続拒否
等の現象ないし行為としてあらわれるだけ。

ウチの身内にも父親の不興を買って縁を切られた息子(生きていれば100歳以上)がいますが、戸籍を見てもすぐにはわかりません。孫が生まれたのに一家創立のうえ、新戸籍編成と書かれているので、おそらくそうだろうと想像するだけです。

というわけで、勘当の届け出書類が役所に準備されているという性質のものではないということは明らかでしょう。

アバター

質問した人からのコメント

2018/12/21 09:42:03

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ngy********さん

2018/12/1721:59:51

① 旧民法では戸主を中心に、その親族と配偶者を家族とする「家」制度がありました。「家」の登録は「戸籍」に記載されました。
戸主はその「家」に属する家族を統率して一家を経営していくため、戸主権(権限と扶養義務)をもっていました。
戸主の地位、すなわち戸主権と家に属する全財産は、前戸主の死亡や生前隠居などを原因として「家督相続」により、新たな戸主に継承されました。家督相続人は基本的に前戸主の家族たる直系卑属(子・孫など)でした。この「家族たる」の意味は同じ家=同じ戸籍に在籍している、ということです。


② 戸主権ですが、扶養義務を果たすための家族の居所指定権や、「家」の支配経営に影響する家族の婚姻・養子縁組に対する同意権もそのひとつです。

しかし、社会・経済活動の発展に伴い人口の流動が激しくなると家族の居住地も異動が多くなり、戸主の居所指定が守られなくなることもありました。
家族が婚姻・養子縁組をする場合は戸主の同意が必要
ですが、戸主の同意がない婚姻届や養子縁組届が提出されても、市町村はその届出を受理せざるを得ませんでした。

➡️これに対して、戸主の専属的な権利として、「離籍届」と「復籍拒絶届」がありました。
届出人は「戸主」だけになります。
当時は、戸籍の届出書用紙はありませんでした。白紙に所定の書式で必要事項を記入して届出人が署名押印することになります。

③ 旧民法時代は、
*婚姻の場合は妻は夫の家=戸籍に入ることが原則です。また、離婚した場合は元の家=戸籍に復籍することが原則です。
*養子縁組の場合は養子が養親の家=戸籍に入籍することになります。また、養子離縁の場合は、元の家=戸籍に復籍することが原則です。

ア 家族が戸主の居所指定に従わない場合や、
家族の妻が戸主の戸籍に入籍してきた場合や、
家族の養子が戸主の戸籍に入籍してきた場合には、
「離籍届」で対処します。
ただし、居所指定に応じない場合は、未成年者・戸主の妻・家族の配偶者・法定の推定家督相続人は離籍することができません。
しかし、戸主の同意を得ない婚姻・養子縁組の場合は、これらも離籍できました。
➡️離籍された者は、一家創立して新しい家を作るしかありません。

イ 家族が婚姻により他家(他の戸籍)に入籍したり、
家族が養子縁組により他家に入籍した場合は、
離婚または離縁により復籍することを拒否する「復籍拒絶届」で対処します。
➡️復籍拒絶された者は、離婚または離縁後は一家創立することになります。

④ 離籍の効果は、自然血族関係には影響することはありません。
事例によりますが、家督相続人になることも可能です。

suz********さん

2018/12/1421:22:36

●「明治民法の第742条」に「離籍について」の項目があります。

「離籍」とは、戸主が家族をその家から放逐することです。
その結果、戸主は放逐した家族に対する戸主権を失い、戸主としての義務を免れます。戸主としての義務としてもっとも大きなものは家族を扶養する義務であるので、放逐した家族を戸主は扶養しなくてよいことになります。

「戸主(親)」が「居住指定・婚姻などについて従わない家族」を戸籍から除く時、この「離籍」をする事がありました。

確か、「明治民法」の時は、「離籍」すると「相続人」からも外されたと思います。(うろ覚え・・・)
(現在の民法では、戸籍から外れても「法定相続人」から外れることは無い)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

aku********さん

2018/12/1417:39:05

今でも戸籍は抜けます

しないだけ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる