ここから本文です

攻玉社中学、高校はなぜこんなに発展してるんですか?

sai********さん

2018/12/1914:50:03

攻玉社中学、高校はなぜこんなに発展してるんですか?

昔は「ただの不良校」だったのに
今は有名進学校として躍進中!



親世代とは大違い"首都圏名門私立"の凋落
12/16(日) 11:15配信
プレジデントオンライン


首都圏の私立中高一貫校の「学校勢力図」が激変しつつある。

中学受験塾代表の矢野耕平氏は「存亡の危機にあったような学校が、校名変更などで一流校になるケースが相次いでいる。凋落した名門校もあり、親世代のイメージで学校選びをしてはいけない」と警鐘を鳴らす。私立中の旧名門・新名門の実態とは――。




■かつての「不良学校」は、いまや一流の進学校


数年前、タクシーに乗っていたときに60代くらいの運転手から職業を尋ねられた。「中学受験を専門にしている塾講師です」と返答すると、運転手は懐かしそうに話をした。


「俺のいた学校だってずいぶん難しくなったって聞いたもんなあ。俺が在学していた当時は、近隣から『不良学校だ』って嫌われていたんだよね。ま、実際塀を乗り越えて学校を抜け出すヤツとか普通だったし、ロクデナシが集まっていたよ(笑)」


ちょっと興味をそそられたわたしは、「どちらの学校ですか」と聞いてみた。「攻玉社だよ」と運転者は答えた。


中学受験の世界で、現在、攻玉社(東京都・品川区)は難関校の一角に位置する男子進学校である。最近は東京大学にコンスタントに10数名~20数名の合格者を、早慶には約200名の合格者を輩出しつづけている。「四谷大塚結果80偏差値一覧」(2018年入試)では偏差値55(2回目入試は偏差値61)となっている。

しかし、かつての攻玉社はいまの姿とは大きく異なっていたのである。



■30年で激変した「学校勢力図」とは


「中学受験」は、以前は限られた子どもが挑む世界であった。しかし、いまの小学生の親世代は中学受験に対する心理的抵抗が少ないとわたしは考えている。

それは一体なぜだろうか。

1990年度前後に「中学受験ブーム」が到来した。この時期は、小・中学校の学習指導要領が改訂され、そこに盛り込まれた新学力観への賛否が渦巻いたり、大学入試センター試験が導入されたり、公立中学校でいわゆる「偏差値追放」(偏差値による進路指導や業者テストの禁止など)が起こったりした。


揺れ動く公教育に対して不信感を抱いた結果、主として首都圏において私立中学入試に挑む子どもたちの数が激増した。


当時、中学受験を経験した世代は、現時点で40歳前後である。つまり、いまの小学生の親世代である。自身も中学受験を選択したのであれば、当然わが子も同じルートで……と考える親が多くなるのは自然なことだろう。


しかし、約30年前に親が受験をしたころの感覚で、いまの私立中高一貫校を評価しようとしてはいけない。なぜなら、この30年で首都圏の私立中高一貫校の「勢力図」は激変しているからだ。


それは冒頭の「攻玉社」の例でも理解できるだろう。


■1985年度と2018年度「偏差値上位校」の顔ぶれ


論より証拠……ということで、次の表を見てほしい。1985年度と2018年度の大手中学受験塾・四谷大塚作成の首都圏中学入試の偏差値上位校一覧である。


各校の難易度の変化に驚かれたかもしれない。かつては名門校とされていた学校が凋落していたり、「聞いたこともない」学校が難関校として君臨していたりするように感じられるのではないか。



■近隣同士の男子進学校 巣鴨vs.本郷

ここで、同じ東京・豊島区にある巣鴨と本郷という男子進学校を例に挙げてみよう。


教育方針の一つに「文武両道」を掲げる本郷。今年、花園進出(全国高等学校ラグビーフットボール大会)を見事に決めたラグビー部をはじめ、陸上競技部、科学部、社会部などは全国レベルの実力を誇る。


その本郷が進学校として頭角を現したのはいまから約20年前、入試回数をそれまでの2回から3回に変更したのがきっかけだ。そして、3回目入試を経て入学してきた生徒たちは当時の男子御三家(開成・麻布・武蔵)や早慶レベルの中学校に惜しくも手が届かなかった優秀層であった。


この層が中心となって、本郷の学力レベルをぐんと押し上げ、結果として難関大学の合格実績伸長につながった。そして、その結果が評判を呼び、次第に本郷を第1志望校とする高学力層が集まり始めたのだ。


興味深いのは、本郷の入試が狭き門になればなるほど、近隣にある男子進学校・巣鴨がレベルを落としていくという「負の相関」が見られたことだ。


本郷は『四谷大塚主催「合不合判定テスト」偏差値一覧表(80%ライン)』の1995年度版によると、偏差値49、その23年後の2018年度版では偏差値62(両年度とも2月2日入試での比較)と劇的にレベルを伸ばしている。


一方、巣鴨は1995年度の2月2日入試の偏差値が64だったのに対して、2018年度は54と10ポイントも下げている。


・・・以下続く・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181216-00027009-president...

閲覧数:
2,706
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nag********さん

2018/12/1916:13:31

学校の努力もあるけれど、進学塾との連携、提携も大きな要因なのでしょう。
塾の情報操作もありますから、トップ校の受け皿として短期間で上昇する学校もあります。
渋谷の幕張などは20年前から比べれば激変した一校かと。
攻玉も最難関受験に届かない生徒の受け皿として伸びて来た学校。
然し最トップまで行くことが出来るのかは疑問。
トップ層の子というのは、毎年一定の数しかいないとも考えられるから。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「攻玉社」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

azb********さん

2018/12/2113:59:41

まあ言うほど偏差値は高くないが、、

sup********さん

2018/12/1917:12:53

かなり昔に中学受験しましたが、攻玉社は当時から「不良校」では有りませんでしたよ

当時は、目黒に有る、実業系から進学校になろうと必死になってる学校で、その当時は珍しく学校見学も丁寧にやってくれました
(実は、私の親が私が進学する某私立と、攻玉社に同時に願書を買いに行ったのですが、私が進学した学校(攻玉社より難易度が高い)は、つっけんどんな対応だったのに、攻玉社は丁寧に応対して学校内部も案内してくれたそうです)

当時の、都内の不良校といえば、世田谷学園でした、ここは最低の評判で、誰でも入れました(ここも今は進学校になってるらしいです)

やはり、団塊ジュニア世代の私立中学入試時期の対応で大きく結果が別れてきたんだと思います

私の受験した当時は、攻玉社は完全な滑り止め校で嫌々行く中学でした

それと、この記事に載ってる偏差値表は、ちょっとインチキですね
攻玉社の偏差値は2018年二次のみ掲載しています
(一次はもっと低い)
しかも、1984年当時偏差値に「芝」も「駒場東邦」も入っていません、これは有り得ないでしょう

当時は、四谷大塚ってマイナーな進学塾でしたので、こういう結果になったのかもしれませんが全く実態と違うと思います

この質問者の引用した記事は、攻玉社の「ステマ」のバイアスが掛かってると思います
攻玉社は決して悪い学校だとは思いませんが、進学校としては今一歩だと思います

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる