ウッドデッキを塗りなおしたいと思っています。 現状はキシラデコールのブラウン系で塗っていますが、これをホワイトにしたいです。

ウッドデッキを塗りなおしたいと思っています。 現状はキシラデコールのブラウン系で塗っていますが、これをホワイトにしたいです。 オイルペイントで塗ると確実に真っ白くなるのでしょうが、ウッドデッキなど外で使うものにはオイルペイントではなく、キシラデコールのような表面に塗膜を作らないものでなければならないと聞いています。 そこでとりあえずキシラのホワイトを買って、ブラウンの上から塗ってみたのですがもちろん白くはならず、やすりでブラウンの塗料を落としてから塗ってみても、白茶色のようなさえない色になってしまいます。 ブラウンに塗られたウッドデッキを白くする良い方法や事例がありましたら教えて下さい。 よろしくお願いします。

DIY130閲覧

ベストアンサー

0

浸透タイプ塗料の場合の色替えは難しいですね。 暗い色から明るい色に変えるもの難しい作業です。 ご経験の通り、下地の色が透けてくるので白が白にならないです。 キシラデコールは、油性塗料なので 同類の油性塗料で浸透しない塗装膜を表皮に作ることで 色替えが可能です。 >外で使うものには表面に塗膜を作らないものでなければならないと 絶対ではありませんよ。 雨水などの浸み込みにくくなるなるので メンテのサイクルが多少長くなることと 内部への防虫作用が期待できることくらいかと思います。 表皮にできた塗膜が剥がれると浸透型より目立つので 早急なメンテが必要になるという点で 外で使うものには表面に塗膜を作らないもの と言われているのだと思います。 ウチでは、屋外設置の木製物置やラティスフェンスに 水性の木工用塗料で塗装しています。 水性を使っているのは、刷毛などの使用後の手入れが楽なことと 臭いなどの点ですが、数年ごとに塗り重ねなどの手入れをしていますので 気になるほどの劣化を感じていません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

やはり、浸透系の塗料で色を白に変えていくのはむつかしいですよね。。 色を変えるには、塗膜を作るタイプのもので塗り替えなければいけないのですね。 塗膜を作るタイプの塗料でも、屋外で使っていらっしゃるとのことでとても参考になりました。 ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2018/12/30 0:20