ここから本文です

酒酔い運転と酒気帯び運転の違いについて。

アバター

ID非公開さん

2019/1/213:33:57

酒酔い運転と酒気帯び運転の違いについて。

酒酔い運転は「まっすぐに歩けない、受け答えが出来ないなど客観的に見て酔ってる状態」ということは、まっすぐに歩け、受け答えに問題が無ければ、どれだけ飲んでも酒気帯び運転になるという事ですか?

閲覧数:
63
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fmt********さん

2019/1/213:45:56

酒気帯び運転は呼気検査をして一定のアルコールが検出されれば「酒気帯び運転」です。
酒酔い運転は、呼気検査をして少量でもアルコールがでて、かつヘベレケ状態なら酒酔い運転になります。
逆に、大量のアルコールが検出されても、しっかりしていれば酒酔い運転にはなりません。
ただ、アルコールが出ている以上、酒気帯運転にはなります。

アバター

質問した人からのコメント

2019/1/2 17:28:21

ありがとうございました!
勉強になりました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

qyu********さん

2019/1/215:16:56

飲気帯び運転
呼気1リットルあたり
0.15㎎以上0.25 ㎎未満



酒酔い運転
アルコールの影響により正常な運転ができない恐れがある状態の場合

貴方がお酒を飲んで運転されるってことでしょうか?
お酒を飲んで運転されなければ詳しく知る必要ないと思います。
車校でも一通り説明がありましたよね!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる