ここから本文です

化学基礎で、金属結合は自由電子の働きで、まげても結合がつながり形状が保たれる...

pot********さん

2019/1/600:04:08

化学基礎で、金属結合は自由電子の働きで、まげても結合がつながり形状が保たれるというような説明をされたのですが。

その説明だけで、金属の結合の仕方のすべてを説明された気がしないのですが。

実際、金属原子はたくさん電子をもっていると思えるし、自由電子の一個かそこらで重い原子同志が結合してるものですか?

高校生向けようりも一段複雑は説明ができたらしてください。共有結合的な要素はないのですか?

補足金属原子ひとつにつき、ひとつの自由電子が結合に使われるというのが金属結合のしくみということですか?そこらへんのイメージが明確に浮かばないので困っているのですが。

閲覧数:
19
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rat********さん

2019/1/600:19:06

自由電子は一つの金属塊に一つではなく、一つの金属原子に一つ以上です。またこのように電子を「出す」性質なので、共有電子対を「引き受ける」共有結合的なことは、体質上出来ません。

  • rat********さん

    2019/1/601:28:49

    ちょうど、高校教科書の出版社のサイトで、高校範囲を越えていそうなのがあったので。  http://keirinkan.com/kori/kori_chemistry/kori_chemistry_2/contents/...   ナトリウムは、ナトリウムイオンと電子一つに分かれますよね。イオンは静電気力で整列しますね。これだけだと堅い固体ですね。でも最外軌道が「融合」して、金属塊一つにつき一つの巨大最外殻が、例えば1モルの電子を収納します。裏表側面、全部です。これが金属塊への外力によるイオンの乖離を直ちに、食品にかぶせたラップのように覆って防ぎます。すると、押すと広がり(展性)引くと延びます(延性)。実際は自由電子は全「最外殻」を自由に行き来できるので、電場に応じて金属塊中を自由に移動します(電気伝導性)。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/1/6 09:38:17

回答ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる