ここから本文です

先ほど恩田陸著、「蜜蜂と遠雷」を読了しました。 自分にとって苦行のような最悪...

ang********さん

2019/1/607:22:28

先ほど恩田陸著、「蜜蜂と遠雷」を読了しました。
自分にとって苦行のような最悪の読書体験でした。

ピアノのコンクールという何の接点も思い入れもない設定、いい人ばかりの登場人物、くどくど全編に繰り返される演奏描写、あまりに単純なストーリーなど何一つ琴線に触れず、直木賞&本屋大賞ダブル受賞の理由を自分なりに確かめたい目的のみで何とか読み切りました。

そこで質問です。
誰もが知る名作、ベストセラーと言われる本で、実際に読んだら自分にとってはまったく駄目だった本を教えてください。
あまり合わなかったレベルではなく、時間の無駄、本代の無駄と感じるくらい駄目だったものを、簡単に理由を添えて教えてください。

閲覧数:
571
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

viv********さん

2019/1/613:50:07

東野圭吾の「秘密」。
簡潔にいうと、周りの方の仰る切なさも、ストーリーの面白さも感じられなかったので…。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる