ここから本文です

真田幸隆は武田信玄に仕えた後に、砥石城周辺の豪族に甲州金を手土産に調略をした...

amu********さん

2019/1/814:21:41

真田幸隆は武田信玄に仕えた後に、砥石城周辺の豪族に甲州金を手土産に調略をしたり、築城術の才能もありましたが対村上が終わると信濃、上野方面の侵攻や外交を担当したのでしょうか。

閲覧数:
31
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2019/1/819:50:50

村上氏が没落して以降の真田家の役割は、
上野における上杉方拠点の攻略だと考えられます。
後に武田家滅亡の際、真田昌幸がだけだ勝頼を匿おうとした、
岩櫃城などを、上杉方から奪取しています。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる