ここから本文です

市街化調整区域にある自宅を事務所兼作業場として自動車の修理、車検代行業務がメ...

アバター

ID非公開さん

2019/1/1118:08:19

市街化調整区域にある自宅を事務所兼作業場として自動車の修理、車検代行業務がメインを営む事は可能なのでしょうか?


また手続きはどのような手続きになるのでしょうか?

閲覧数:
59
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mah********さん

2019/1/1220:20:40

市街化調整区域内で開業するならば、まずは、役所に相談して違反の有無を確認することを勧めます。違反で強行すると、業務を継続するうえで厄介な事態になります。

見通しは明るいです。既存集落内(50戸以上ある集落)で、小規模自動車整備工場(床面積150㎡以下等)を許可する自治体は多いです。

陸運局の認証を受ける予定の整備工場(整備士とリフトと機材を有す)だと許可取得は容易ですが、板金メインだと少し難しく、コーティングがメインだとかなり難しくなります。車検代行業は協議した経験がありません。

すでに車検代行業としての実績を説明できるのであれば、機材や作業場を説明する計画書を作って、説明に臨むのも良いです。

あと、自動車整備工場は市街化調整区域内での許可が得やすい業種なので、どちらかと言うと、自宅を兼用するよりも、新たな土地(農地とか竹藪とか)最適な立地条件の土地で許可を受けた方が良いような気がします。

まずは、役所を訪ねて情報をもらった方が良いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

マエチンさん

2019/1/1119:37:25

用途変更ですから、市役所の開発指導課に相談ですね。
既存集落内なら自動車整備業はOKの見込みはありますが、
おそらく板金塗装はできないかもです。
勝手に黙ってやらない事をお勧めします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる