ここから本文です

高圧ガス乙種と丙種液石の違いについて 高圧ガスの資格を取ろうと思うのですが ...

nan********さん

2019/1/1223:57:35

高圧ガス乙種と丙種液石の違いについて

高圧ガスの資格を取ろうと思うのですが
昨年の過去問をチラッと見たところ
乙種より丙種液石の方が
ダンゼン難しいように感じました

しかし一般

的に資格の難易度というのは
甲種>乙種>丙種
です

昨年だけたまたま乙種の方が簡単で、
平年は丙種液石より乙種の方が
難易度が高いということなのでしょうか?

閲覧数:
162
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tom1991さん

2019/1/1308:09:19

そうですね、丙種液石は特別に比べるとおっしゃる通
り、難しい内容も結構出題されています。一方、乙種
化学や機械でも、丙種特別レベルの問題も含まれてい
ますので、出題内容によっては難易度が逆転している
場合はあり得ると思います。ただ、出題範囲や複雑な
計算問題、そして乙化ならLPGに限定されない化学
的な内容も当然出題されるので、やはり毎回の平均、
総合的な内容では乙種の方が普通に難しいハズです・・・

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

har********さん

2019/1/1312:03:57

乙種でも化学と機械がありますので乙種機械と丙種液石では試験問題の分野が違います。
化学が苦手な方なら丙種液石が難しく感じるかもしれませんし、乙種化学と乙種機械でも人によって難易度は変わると思います。
質問者さんが乙種の方が簡単に感じられるのであれば乙種を受験されるといいと思います。
過去問題集を繰り返し解いて勉強されることをお勧めします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる