ここから本文です

追善供養の仕方について質問です。 このまえ祖父が亡くなり、お寺の住職さんから...

yam********さん

2019/1/1410:47:54

追善供養の仕方について質問です。
このまえ祖父が亡くなり、お寺の住職さんから追善供養について聞きましたが、詳しい内容がわからなかったので、教えてください。

閲覧数:
29
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ino********さん

2019/1/1415:11:29

「解脱は他人によって得られるものではない」のです。
亡くなってしまった人に追善なんてできっこありません。
お寺さんのお布施稼ぎの口実です。

そもそも南方佛教では中陰という考え方はありません。死んだら即生まれ変わって終了です。

大乗佛教では中陰という考え方がありますが、インドでは49日ですべて終了です。
それが支那で儒教、道教と一緒になって十王経が作られ100か日、1周忌、3回忌が追加。日本で江戸時代に7回忌、13回忌、33回忌を追加、これを13佛といいます。間が空きすぎると3と7のつくのを間にはめ込んでいます。

葬式の時に引導渡して成佛させているはず。追善供養する者がいないものはどうするの?と言いたい。最近では50回忌まで引っ張っている。

質問した人からのコメント

2019/1/15 22:52:27

とても納得のいくことをおっしゃっていたので、
この方をベストアンサーにします。
他の方も回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

hou********さん

2019/1/1416:39:23

追善供養は亡き人の冥福を祈って供養することです。年回忌と月命日(亡くなった月の命日を祥月命日という)がありますが、年回忌は、祥月命日に当たる日より前に行なうのがよいでしょう。日取りが内定したら、菩提寺に連絡し日程を調整します。施主家の都合のよい日であっても、寺院のほうで諸行事が予定されている場合があるので必ず連絡してください。

月命日は香華灯燭湯茶菓をお供えし、大悲心陀羅尼、観音経、修証義を読みます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる