ここから本文です

どなたか「僕の豚が死んだ日」というアメリカ文学の短編をご存知ないでしょうか?

sne********さん

2019/1/1921:29:48

どなたか「僕の豚が死んだ日」というアメリカ文学の短編をご存知ないでしょうか?

なんとなくまた読みたいと思いましたが、タイトルだけでは見つからず、少なくとも作者の名前が知りたいです。できれば短編集の名前なども知りたいです。

何十年も前に出版された、翻訳されたアメリカ文学の短編集の中の一つで、それだけがまだ記憶に残っています。

・主人公は牧場の多い田舎の少年で
・父親は屠殺場で働いている
・幼い豚が屠殺されずに家族の一員になる
・幼い豚と共に少年が成長していく
・父親が病で死んでしまう
・大好きな豚も死んでしまう
・家族の死という辛い経験を通して大人になっていく


という感じの話だったかと思います。。

閲覧数:
23
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

any********さん

2019/1/1921:41:42

「豚の死なない日」という小説がご質問の内容に近い気がしますがいかがでしょうか?

  • 質問者

    sne********さん

    2019/1/1921:55:01

    ありがとうございます!

    ネットの情報からすると多分これです!

    父が70年代に買ったアメリカの短編集を、私が中学のときに読みました。もう一度読んでみます。
    ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/1/24 13:12:53

教えていただきありがとうございます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる