ID非公開

2019/1/28 21:41

33回答

ニーアレプリカントについて質問です。

プレイステーション3286閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

魔素の供給が開始される前に、黒の書のクローンに触れてしまったため。 ゲシュタルト化してもなお安定する個体を見つけるため、「世界浄化機関」は黒の書のクローンを貧しい人々にばら撒き安定個体を見つける計画を立て、「ハーメルン機関」がこの計画を担当することになる。 ニーアはヨナの病が治せると騙され、この実験に参加してしまう。しかし、周囲が次々と崩壊体へと変化する様を見て実験が危険なものであると気付き、ハーメルン機関の施設から逃亡する。 逃亡中、避難していた新宿のスーパーマーケットで複数の崩壊体に襲われてしまう。ニーアは状況を打開するために、自ら黒の書に触れゲシュタルト化する。幸か不幸か、ニーアは安定個体であることがこの時に分かる。しかしこの時、ヨナも事故で黒の書に触れてしまい、すぐに崩壊体へと進行してしまう。 ハーメルン機関がニーアに接触したのはこの後の事だった。ハーメルン機関はニーアに対し、「ヨナを凍結すれば、1000年後には病が消え去る世界になる」と説得。ヨナを無料で1000年間コールドスリープさせる代わりに、ニーアの魔素の提供を要求。ニーアはこの取引に応じ、オリジナル・ゲシュタルトとして魔素を提供することになった。 ハーメルン機関はヨナがもう手の施しようが無い事を分かっていたが、ニーアから魔素を提供してもらうにはヨナの存在が不可欠である事を見抜き、あえて嘘を言ったと思われる。

0

ヨナはニーアとほぼ同時にゲシュタルト化しており、その後直ぐに崩壊し始めます。 ニーアがゲシュタルト体への魔素の供給を始めたのがいつからなのかは分かりませんが、崩壊を防ぐにはもう遅かったのでしょう。 結果ゲシュタルトヨナはコールドスリープされ崩壊体化を物理的に抑えた状態になるので、レプリカントヨナは黒文病を発症します。