ここから本文です

コンドームでの避妊の失敗確率は25%弱あるということですが、これは25%程度の人が...

bva********さん

2019/2/113:04:14

コンドームでの避妊の失敗確率は25%弱あるということですが、これは25%程度の人が正しく使えていないということでしょうか?
あるいは25%程度の確率で外れたり破れたりするということですか?

それとも破れも外れもしていないのに失敗するということでしょうか?

閲覧数:
759
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ota********さん

2019/2/416:49:14

コンドームでの避妊の失敗確率は25%弱ある・・・と言うのは、どこで調べたのでしょうか?

①下記のサイトでは、8~14%と書かれています。
https://www.sofy.jp/ja/advice/period-changes/05.html

②下記のクリニックのサイトでは、3~14%と書かれています。
http://klc.ne.jp/womens_disease/menu03.html

実は、信頼できるサイトでさえ、妊娠率、失敗率に対する認識が間違っているのです。
「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」の4ページ目に妊娠率が書かれています。
(改訂版)
http://www.jsognh.jp/common/files/society/guide_line.pdf#search=

このように、ちゃんと発表されているのは妊娠率なのです。
しかも、「一般的使用」と「理想的使用」に区別されているのですが、
上記の紹介したサイトでは、コンドームは一般仕様の妊娠率であり、ピルは理想的使用であったり、理想~一般的と勝手に拡大解釈をしていますね。

おまけに、肝心の妊娠率とはどのような数字なのかが書かれていません。

上記の、「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」4ページの、
表1 各種避妊法使用開始1年間の失敗率(妊娠率)の出典先 4)を参照すると、

4) Trussell J. Contraceptive efficacy. In Hatcher RA, Trussell J, Stewart F, Nelson A, Cates
W, Guest F, Kowal D. Contraceptive Technology: Eighteenth Revised Edition. New York Ardent
Media, 2004.
で、この文献の中で、コンドームはTypical Use 18%、Perfect Use 2%と記載されています。

この米国のTrussell J博士の文献の1998年版が、日本で初めて発表された妊娠率なのです。(1998年版は14%-3%でした)

この文献の中の「妊娠率」とは、100人のうち何人妊娠する確率があるか・・・と言う、妊娠確率ではありません。

日本人の朝食摂取率は約70%です。
と言うことは、ご質問者さまが明日の朝食を食べることのできる確率は70%なのでしょうか?
10日に3日は朝食を食べることができないのでしょうか?
朝食摂取率と朝食を食べることのできる確率とは違いますね、同様に妊娠率も妊娠する確率ではないのです。

この文献の中でいう妊娠率とは、実はパールインデックス(PI)と言って、米国においての各避妊方法の実態と効果を比較するためにパール博士が考案した方法で、その避妊法を用いた時に、100組の妊娠適齢期カップルが1年間で何組妊娠したのかを表しています。
米国の若いカップルが統計対象で、年間の平均セックス回数は113回になります。
妊娠率1%というのは、年間113回セックスを行う米国の100組の若いカップルのうち、1年間で1組が妊娠してしまったことを計算上で表しています。
100回セックスを行って1回失敗したのではなく、113回×100=113000回のセックスで、1回失敗すると、妊娠率1%(=失敗率1%)となるのです。

また、Typical Useが日本語では「一般的使用」と訳されたため、「普通に、一般的に使っても」と勘違いしている人が多くいますが、Typical Use(一般的使用)とは、「避妊にはその避妊法で行う」と答えた一般的な人と定義しています。
実際に避妊を行ったかは不明ですし、途中で子供が欲しくなって出産した方もこの中に含まれます。

Perfect Useが日本語では「理想的な使用」と訳されたために、「完璧に使用しても、間違いなく使用しても、失敗無く使っても、正しく使っても・・・」と勘違いしている人がいますが、
Perfect Use(理想的使用)の定義は「どんな使い方、間違った使い方であれ、性行為の時に毎回かかさずその避妊法を用いた」と定義しています。
「完璧に使用した」のではなく、「Perfect」=「性行為時には1回も欠かさず」なのです。

ちなみに、年間113回セックスを行うカップルが、たった1回失敗して、結果的に100組すべてのカップルが1年間の間に妊娠したとしたら、妊娠率(失敗率)は1/113の0.9%ではなく、100%です。
おまけに、100組が1か月目に妊娠したとしたら、年間で13回妊娠すると計算しますので、妊娠率(失敗率)は1300%となります。

サイトで書かれているコンドームの失敗率とは、実はそのような数字なのです。

  • ota********さん

    2019/2/416:52:05

    間違えました。
    4) Trussell J. Contraceptive efficacy. In Hatcher RA, Trussell J, Stewart F, Nelson A, Cates
    W, Guest F, Kowal D. Contraceptive Technology: Eighteenth Revised Edition. New York Ardent
    Media, 2011.
    の発表が、コンドームはTypical Use 18%、Perfect Use 2%です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「避妊 失敗」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

run********さん

2019/2/213:04:13

誰もそこまで詳しく知る人はいないでしょうね。

事は秘め事ですからね。

日本の性教育は、先進諸国にはないほど遅れていますから、個人の知識も低い上にコンドームの使用法まで学校で教えるところも少ないでしょうから。

自分で調べて、完璧に使用できる人なら、相手を妊娠させることもないと思いますが、初心者や無頓着な人が使えば、失敗も多いでしょうね。

このカテゴリでも連日、避妊に対しての疑問はたくさんありますからね。

正しい知識をつけて、自分がその25%に入らない様にするしかありませんよね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる