ここから本文です

国文法の問題です。

yuy********さん

2019/2/115:40:30

国文法の問題です。

「雨の降っている三月のある朝、田舎の人らしいひとりの少年が、わきの下に着物の包みを抱えながら〜」
という文から普通名詞を抜き出しなさい。という問題でした。そして、僕は「雨、朝、田舎、人、少年、わき、下、着物、包み〜」を抜き出しました。しかし、答えを見てみると、「わきの下」が一括りにされていました。解説を見てみると、「『わきの下』は一語として慣用されている。」と書かれてありました。これは何故ですか?そして、答えは本当に「わき、下」ではなく、「わきの下」なのですか?
解答よろしくお願いします。

この質問は、rou********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
12
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rou********さん

リクエストマッチ

2019/2/115:52:12

辞書で確認すると、下のように「わきの下」で1語になっています。
辞書で確認すると、自分で間違って思い込んでいたことが分かったりします。


わき‐の‐した【脇の下/×腋の下】
両腕の付け根の下側のくぼんだところ
<デジタル大辞泉>より

質問した人からのコメント

2019/2/1 16:33:56

ありがとうございます。
日本語って面白いですね
今から5分後くらいにまたリクエストさせていただきます。何度も申し訳ございません。解答して頂けたら嬉しいです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2019/2/115:57:48

「わきのうえ」とか「わきの横」などの言葉がなく、「わきの下」で特定の意味を持つからです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる