ここから本文です

東上線の9000系(9101F)ですが、 一部の側面の行先表示器が作動してなかったりし...

kir********さん

2019/2/312:36:59

東上線の9000系(9101F)ですが、
一部の側面の行先表示器が作動してなかったりしますが、
修理しないのですか?

故障が多くて使いずらいそうですが、どこが故障するのでしょうか?

閲覧数:
49
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mou********さん

2019/2/321:42:38

聞いた話です。

側面の表示器は、東武の車両としては初搭載でしたが、その後の量産車と10000系以降は表示機搭載位置が連結部から車両の中程に変わりました。

このため、表示器サイズが一回り大型化、これに伴い幕の幅も一回り大きくなったそうです。

そのため9101Fの幕装置故障、幕の破損があっても、他型式や量産車の部品が流用できないことで、放置のようです。

また、故障については、乗入れると乗り入れ先の区間で原因不明の車両故障を1990年代に多発、しかも運転士には手に負えず困り果てていると、数時間後に自然復旧するという得体の知れない故障でした。

そのためメトロから何とかせいと叱られたこと、チョッパ制御関係の機械の製造が終わることもあって20世紀末だったか21世紀に入って直ぐにだったかに中間電動車の制御機器を全て量産車と同じ機器に交換する機器更新を実施しましたが、結果として故障頻度が減ったのみで故障発生は治まらず、メトロからも東武の運転士からも嫌われ者となりました。

その後何度となく廃車が囁かれ、副都心線乗り入れ開始時にホームドアにドア位置が合わないことを理由に有楽町線乗り入れ専用化、この際に50075Fが追加新造されて廃車が囁かれましたが、なぜか生き残っています。

その後も有楽町線のホームドア設置で乗入れ対象から外れましたが、この時も生き残り、東上線のATC化に際してもなかなか搭載しないので今度こそ廃車かと言われていたら、ATC運転開始直前に搭載しました。

ただ、利用してみて感じることは、乗り入れから外れて以降、要するにメトロ線乗り入れ機器が起動しなくなって以降は、問題のような大きな故障は発生していません(むしろ31603F+31403Fと言う問題児が本船から移動してきてますので、そっちに隠されているのかも)。

但し、徹底したりニューアルはされていないので、いつまで使うのかということになると、そう長くないような気はしますが。

質問した人からのコメント

2019/2/8 00:32:40

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

xgj********さん

2019/2/321:51:59

9001Fは、有楽町線直通試作車で、リニューアルしないまま40年近く走っているので、それが原因でしょう。東武は使い回しが多いのでこの車両が引退するのは、2020年以降となると思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる