ここから本文です

歯肉炎とか歯槽膿漏とかの菌に なぜ現代の医療は沈黙してるんですか?

uno********さん

2019/2/321:56:08

歯肉炎とか歯槽膿漏とかの菌に なぜ現代の医療は沈黙してるんですか?

閲覧数:
19
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

2019/2/411:01:23

原因菌を特定して、それを抑えることによって疾患を防ぐあるいは治療するというのが医療の王道です。

歯肉炎では原因菌は特定できません。
歯周炎はその発症と強い関連を持った菌が3つあるいは6つ特定されています。それらは健常者の口腔内にも存在します。歯周炎の場合は治療の一環として、菌を標的とした薬物療法が開発されて、使われています。それには予防的な効果も期待されています。しかし、健常者に予防の為に薬物を使うのには問題があります。問題とは、①耐性菌の出現と、②菌交代現象です。
➀耐性菌の出現は、医療全体の問題となっています。

②菌交代現象は、特定の菌を抑えると、その後の環境に適応した別の菌が増えることです。その例として、クロルヘキシジンによる黒毛舌があります。クロルヘキシジンは歯周炎の発症に関連した菌に有効な薬剤で、濃度によって黒毛舌を起こします。低濃度では今も歯磨き剤やうがい薬に含有されています。

黒毛舌に関するネット情報を編集して挙げます。

黒毛舌(black hairy tongue)は、舌背の表面に見られるビロード状の黒色、褐色等を呈する毛様物である。原因は不明だが、薬剤、喫煙や刺激物の摂取、真菌増殖等が誘因となる。薬剤では特に、抗菌薬や副腎皮質ホルモン等の投与による口腔内常在菌叢の変化(菌交代現象)が主な誘因と考えられる。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる