ここから本文です

質問させてください。

yak********さん

2019/2/409:07:59

質問させてください。

ウェルシュ菌やセレウス菌などが原因の食中毒の場合、排泄物から他人に感染する怖れはあるのでしょうか?
またそういった菌の検査はどのようにして、どれくらいの期間で結果がわかるんでしょうか?
申し訳ありませんが、教えていただけると助かります。よろしくお願い致します。

閲覧数:
27
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tnm********さん

2019/2/409:32:10

もちろん、感染の可能性はあります・・・が
中間に食品を介する事がほとんどです

記載された菌による食中毒は
基本的に「毒素原性感染」とされています
細菌が食品に混入して、その書k品の中で増殖した時
毒素が産生されその毒素で病気が起こるのです

ウエルシュ菌の正式名称
以前はClostridium .welchii と呼ばれていたため現在でも慣用的にウェルシュ菌と呼ばれていますが
正式にはClostridium.perfringensと言います

人や動物の腸管、土壌、海水など自然界に広く分布しており、
「ガス壊疸菌」として恐れられていました。
ウエルシュ菌による食中毒は、食品を大釜などで大量に料理するときによく起こります。加熱により食品の中心部分が無酸素状態となり他の細菌は死滅しますがウェルシュ菌は芽胞の状態で生き残り、温度がウエルシュ菌の発育しやすい45℃前後に冷えたときに通常の菌体に戻り増殖が始まります。
この菌の増殖した食品を食べると、腸管内で芽胞に変わり、このとき毒素を産生し食中毒を起こします。この菌には「加熱済みの食品は安心」という常識が通用しないので注意が必要です。

食中毒以外には、傷口からに侵入で感染し、感染の進行とともに創部の肉、組織の壊死、大量のガス発生、毒素による全身症状を起こす「ガス壊疸」があります。

くろすとりじうむ属で最も著名な
食中毒の原因菌はボツリヌス菌(C.botulinum)です
当初ソーセージやハムなどの保存肉製品による中毒者から検出されたことから、ソーセージの意味の botulus から命名されました。

ボツリヌス菌による食中毒は菌の腸管内での増殖によって起こるのではなく、
食品中で増殖し産生された毒素を摂取することで起こります。
ボツリヌス菌はA~F型に分類され、日本ではE型菌による食中毒が多く、アメリカではA型菌、ヨーロッパではE型菌によることが多いとされています。ボ
ツリヌス菌の産生する毒素は人類が知っている毒物の中でも最強の毒物で
青酸カリの数千倍の独力があるとされています(数千分の一の量で死亡します)
強力な神経毒で、胃腸症状のほかに、末梢神経と結合して嚥下不能、呼吸筋マヒなどを起こし致死率は30~70%とされています。

食中毒以外には、傷口から侵入して起こる「創傷ボツリヌス症」や乳児がハチミツや土に混入したボツリヌス菌を摂取して起こる「乳児ボツリヌス症」などがあります。
また「破傷風菌」もこの仲間です

その様な感染を起こすと言う事で土壌中には沢山の同類の菌が居ます
そしてこのグループの細菌の特徴として
煮沸⒮うぁ消毒滅菌はできません
ボツリヌス感染はかつて
からしレンコン」で発生しました
レンコンウィからしを詰めて揚げた(加熱した)側品です
これを冷凍、冷蔵保存して物を食べて感染源になりました

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ウェルシュ菌」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる