ここから本文です

オリックス時代の土井監督がイチローの才能を見抜けなかったのは何故ですか?

kaw********さん

2019/2/507:08:27

オリックス時代の土井監督がイチローの才能を見抜けなかったのは何故ですか?

閲覧数:
312
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kat********さん

2019/2/520:33:01

土井監督じゃなくて山内一弘ヘッド兼打撃コーチがイチローの振り子打法を気に入らなかったという話もあります。
それと振り子打法って打撃の基本から外れたものであり、とてもじゃないけど打撃コーチとして見て見ぬふりをできないものだったようですが、一方でイチローの非力さを補いスピードを活かすには適した打撃フォームでもあったようです。

それとイチローが1~2年目から一軍で使われていたら7年連続首位打者や日米通算3000安打はあったでしょうか。
ファームでの修行の時間がイチローをビッグな選手にしたと自分は思います。
最近高卒スター選手をすぐに一軍で使ってスペ体質になりそこそこの選手で終わってしまう我が球団を見ているとつくづくそう思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

s_h********さん

2019/2/520:34:16

仰木監督と違って
型にはめたいタイプだったからです。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

qr3********さん

2019/2/518:28:24

そもそも、入団当時の監督であった土井氏が、イチローの才能を評価してなかったというのが大きな間違い。
土井氏は、高卒1年目で高校では投手のイチローを、ルーキーシーズンから1軍で野手としてスタメンでも起用している。
高卒ルーキーで、しかも元々は投手だった選手を、1年目からスタメン野手起用するのは異例である。
これは、イチローの才能を認め、可能性を感じていたからに他ならない。

イチローは、2年目の開幕ではスタメンに名を連ね、その後も何度もスタメンで起用されたが、オールスター前には2軍行きとなってしまっている。
この間の打率は、2割に満たない極度の不振であり、こんな成績では土井氏でなくとも、2軍で鍛え直して来いとなるだろう。

イチローが大ブレイクしたのは、この2軍落ちで河村コーチの指導を仰ぎ、3年目にして打撃スタイルの確立が出来たから。
仰木監督は、いわば一番美味しいところを取ったとも言える。

第一に、イチローはドラフト4位指名である。 ようするに、イチローの前に40人近い選手が先に指名されている。
地元の中日や他球団も指名候補に上げていた逸材ではあるが、ドラフト上位指名するまでの選手ではない、という評価だったということ。

ようするに、イチローの才能は土井氏を含め、多くのプロ関係者が認めるものであったが、あそこまで持てる才能を伸ばし、大きく開花させるとは誰も見抜けなかったということだね。

uge********さん

2019/2/517:51:27

才能なんて全て結果論です。

見抜けないのが普通です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる