ここから本文です

キリスト教について教えて頂きたいのですが ・キリスト教とはどのような宗教か ...

rnt********さん

2019/2/601:06:52

キリスト教について教えて頂きたいのですが
・キリスト教とはどのような宗教か
・宗教による政治支配とその問題について

閲覧数:
127
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dol********さん

編集あり2019/2/609:36:00

愛はキリスト教のキャッチフレーズですが、聖書では未信者や異教徒は神の怒りを受けた罪人とされます。

そして、近代まで三位一体の神を信じないものは処刑されてきました。


簡単に言うと、
イエスをキリストと信じたものは原罪を許され義人となり「永遠の命」を受け、

キリスト教への入信を拒む未信者 異教徒は原罪に据え置かれキリスト教団の神の怒りで裁かれ滅びる。

聖書の言葉
イエスの言葉
マルコ福音書16/16 新共同訳
信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は
滅びの宣告を受ける。

ーー


●ヨハネの福音書3:36.御子を信じる者は永遠のいのちを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。』


イエスは弟子たちの勧誘に耳を傾けない街は「ソドムやゴモラの地の方が軽い罰で済む」と恫喝して凄んでいます。

●マタイ10:14あなたがたを迎え入れもせず、あなたがたの言葉に耳を傾けようともしない者がいたら、その家や町を出て行くとき、足の埃を払い落としなさい。
15はっきり言っておく。裁きの日には、この町よりもソドムやゴモラの地の方が軽い罰で済む。」

ローマ5:6-11)御子を信じない者、御子を救い主として受け入れない者は怒りの日に裁かれるのです。
--ガラテア
人は律法の業によって義とされず イエス・キリストの信 によってのみ[義とされる]ことを知って わたしたちもまたイエス・キリストを信じたのである

パウロは人間の義人と罪人の基準をキリスト教信者であるか、未信者であるかにしてしまった。

聖書学者の上村 静氏は次の様に批判しています。
「神の名の下に人を信者・未信者を基準に義人と罪人に二分する善悪二元論は、自他を抑圧する」暴力となるのだ。

キリスト教の歴史上の暴力は、特定の人々の恣意的なものではない。

「永遠の生命の獲得=キリスト教の救済論に内在する暴力性(エゴイズム)」の顕現なのだ。

●●

そして、
1452年、ローマ教皇ニコラウス5世はポルトガル人に異教徒を永遠の奴隷にする許可を与えて、非キリスト教圏の侵略を正当化しめした。


キリスト教はユダヤ人へのホロコースト、魔女狩り、異端審問、十字軍の殺戮、そして人類の歴史上最大の殺戮アメリカンホロコースト、アボリジニハンティング、
一億人は殺している。

キリスト教世界の闇
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_ha/_floorA6F_ha.html

神が殺せと命じるとき
http://www.j-world.com/usr/sakura/other_religions/divine_murder.htm...

異教徒は人間ではない●●●




●宗教による政治支配とその問題について

聖書はイスラエルの統治、つまり政治支配の為に書かれたものです。

新約聖書もローマで国教となったキリスト教による人間支配の目的があって編纂されました。

●宗教による政治支配とその問題について

●●●フランス革命以前のキリスト教による政治支配●

ローマ書 13:1 人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によら ... 神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられたものです。2したがって、権威に逆らっている人は、神の定めにそむいているのです。●


王をや貴族にはこびへつらい

あなたは私を諸侯あるいは領主にしてくださいました。このことに私はいささかの疑念もさしはさむことはできません。悪をなす者にかならず剣を用いよ、というのがあなたの私に対するご命令です[ローマ書一三章(四節)

フランスでは革命前の封建社会においてカトリック教会権力と王権が癒着しており、民衆の日常生活にも教権は深く介入して民衆を抑圧していた。
教会大土地所有
革命が起こる前のフランス、のちにアンシャンレジーム(旧制度)と呼ばれる頃の、身分別人口構成は
第一身分=聖職者・・・12万人
第二身分=貴族・・・38万人
第三身分=市民・・・250万人、農民・・・2300万人
当然、第一、第二身分が支配層です。さらにこの支配層は、フランスの35%も土地を所有し、税金は10%。ところが、市民は20%、農民は30%の土地を 所有する一方で、税金の負担率は80%だったんです。まさに、この支配層は特権階級! 第三身分の不満は募る一方でした。




2、奴隷制の容認


特にパウロの手紙では奴隷の存在は当然のことと見なされている。奴隷制そのものは原則論としても,キリスト教的にも反対すべきものとは考えられなかった

コロサイ書の3:22に「奴隷たち、どんなことについても肉による主人に従いなさい。人にへつらおうとしてうわべだけで仕えず、主を畏れつつ、真心を込めて従いなさい。」
ーーーー
500年以上の間、教会の指導者たちは奴隷制が正当なもの
だとのカトリック教会の教えを信じていた。さらに悪いことには、
奴隷制が実際に神の意志により定められたのだと主張した。


1452年、ローマ教皇ニコラウス5世はポルトガル人に異教徒を永遠の奴隷にする許可を与えて、非キリスト教圏の侵略を正当化した。


3、女性蔑視
コリント14章34~36節に. 「婦人たちは教会では黙っていなさい。婦人達には語ることを許されていません。Ⅰコリント14章34~36節に

女性差別主義
「婦人たちは教会では黙っていなさい。婦人達には語ることを許されていません。律法も言っているように、婦人達は従うものでありなさい。何か知りたいことがあったら、家で自分の夫に聞きなさい。婦人にとって教会の中で発言するのは恥ずべきことです。
コリント人への第一の手紙 11章3-5節、9-10節>
しかし私は、全ての男性の頭はキリストであり、女性の頭は男性であり、キリストの頭は神であるということを、あなたがたに知って欲しい。
頭にかぶりながら祈りをしたり預言をしたりする全ての男性は、彼の頭を侮辱する。しかし、頭に覆いにかけないで祈りをしたり預言をしたりする全ての女性は、彼女の頭を侮辱する。なぜならば、彼女は髪を剃られてしまった女性とまったく選ぶところのないものだからである。

パウロの原罪論
ローマ書簡5:12[編集]このようなわけで、ひとりの人によって、罪がこの世にはいり、また罪によって死がはいってきたように、こうして、すべての人が罪を犯したので、死が全人類にはいり込んだのである


イブの罪により原罪が生まれたとして女性蔑視につながった。
キリスト教的女性観は、とりわけ、女性が男性のために造られ、原罪の源は女性にあるとするパウロの教義によって武装された。それでも、中世の女性は家族の なかで彼女自身の権威を有していた。富裕階級の女性ですら、菜園の管理や食事の準備、家事全般をつかさどらなければならなかったし、召使いの監督や育児に 従事した。



4、農奴 ・身分制の容認

あなたは私を諸侯あるいは領主にしてくださいました。このことに私はいささかの疑念もさしはさむことはできません。悪をなす者にかならず剣を用いよ、というのがあなたの私に対するご命令です[ローマ書一三章(四節)

ルターはパウロの言葉を引用しながら農民たちの皆殺しを諸公に進言した。
「農民の強盗団について」
農民を皆殺しにせよと諸侯たちに訴えた.1525年5月、フランケンハウゼンの戦いで農民たちは虐殺された。……総計13万人の農民が殺されたのであった。(世界の名著373頁)
農民たちは権威に盾突いている。これは神の意思に反することだ。これ以上放置しておくと彼らの魂が汚れ、復活できなくなる。いま皆殺しにすれば、最後の審判の日にも彼らも永遠の生命を得られるかもしれないと。
これが隣人愛ですか?

農民が、あなたのみ前と世界の前で、万死に値することは明らかであり、また私は彼らを罰するように命を受けていることもはっきりしております//そして豚は殺せば殺すほど神の御意思に沿うのだとルターは主張する。



5、同性愛者への迫害・蔑視

「男もまた女との自然の関係を捨てて互いに情欲を燃やし男は男と汚らわしいことを行ってその迷いに値する報いを身に受けた。」(ローマ1:27)

今日なお教会は同性愛は罪悪だと規定して人間を苦しめている。
かってキリスト教道徳の影響で犯罪とされた時代もありました。

その中で多くの人間がいわれのない差別と屈辱の内に死んでいきました。

アラン・チューリングという人をモデルにした映画を見ました。

天才数学者にして、コンピューターの原型を創作した人物です。



しかし、彼は同性愛者でした。

戦後、キリスト教道徳により裁かれ、科学的去勢を受け、屈辱の内に自殺に追い込まれたようです。


数万人の人が同様の処置を受けたようです。




6、異教徒差別迫害
「三位一体の神の御名において、売れる奴隷という奴隷をどんどん送り続けよう」 「彼らは立派な召し使いになるだろう。手勢50人もあれば、彼らを一人残らず服従させられるし、望むことを何でもやらせることができるだろう」
(コロンブス)

コロンブスが上陸した時に約800万人だった西インド諸島の人口は、約20年後の1514年には、約2万8000人しか残っていなかった。

  • 質問者

    rnt********さん

    2019/2/609:34:25

    回答ありがとうございます!
    とても参考になりました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

e_k********さん

2019/2/623:46:45

キリスト教とは、父と子と聖霊の三つで一つ、一つで三つの、三位一体を唯一の神として崇める、世界的な宗教です。1世紀頃にキリストによって神と人との関係が更新されたことからキリスト教とみなされるようになりました。

教義的には、最初の人間が神に対して罪をおかしたことから人類は死ぬものとなり、あらゆる不幸がこの世に現れました。しかし、キリストを救い主と信じることで死後の復活と永遠の生命が約束されています。人は死んだらそれで終わりではないという希望を抱いて生活できるという教えです。もっとも重要な戒めとされているのは、神への愛と隣人への愛です。

宗教組織が政治体制そのものであったり、宗教法が国家の法であるケースはそれほど珍しいことではなくて、政治の一形態に過ぎません。これは古代においてはむしろ自然なことだったかもしれません。

昨今では権力の中枢と宗教組織が同じではないケースが増え、政治は皇帝や国王といった世俗の権力者が司り、祭事は宗教指導者が司る、というような分権化が進み宗教法を土台としたり、あるいは独立して、世俗法が発達し今日に至ります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

goz********さん

2019/2/622:10:28

シンプルに答えます。

・キリスト教とは、聖書の神を神として信じ、従う。

・政治が宗教利用した結果は最悪でしょう。日本だってそうでしたよね。難しい話ですが、神は正しくても人間は間違います。聖書の言葉なんていくらでもはき違えることができます。非常に多くのことが書かれていますからね。都合の良い1か所だけを切りだしてしまえば、どんなことだってできてしまいます。そして、政治のトップに立つのは、牧師や神父のようなしっかりと聖書を学び、神に従い通す心を持っているとは限りません。そして、牧師や神父だって、重大な罪を犯す存在であることは変わりません。そういうところが政治と結びついたときの危うさです。自分の考えに聖書の言葉を従わせてしまうんです。これは上記の聖書の神を神として従うあり方からは逸脱します。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pla********さん

2019/2/609:12:20

クリスチャンです。
キリスト教をどのような宗教か→簡単にいうと、一神教で自分を愛するように隣人を愛しないさい。敵を愛しなさい。イエス様が我々の罪を十字架の死によりあがない。復活したことを信じることです。

宗教による政治支配とその問題について
キリスト教は、弱者の宗教ですので、弱者に支持を得ました。ですから、権力者には嫌われてたくさんの殉教者をだしてきましたが。ローマ帝国の例ですと、始めは皇帝が神でそれ以外の神を認めないと弾圧していましたが、次第にローマー帝国の衰退とともに民衆の支持を得ているキリスト教を政治側に取り込もうとしていき、弾圧と和合の紆余曲折をへてにそれが国の宗教へとなります。また、日本にキリスト教が入ってきた時ですと、初めに宣教師を派遣して民衆の支持をえていき、それから、政治がはいっていき侵略をしよう試みたと思います。今では、そのような事を無くすため、政教分離となりました。もともとは宗教を政治が利用するため、宗教側を守ることから政教分離がうまれました。日本でも天皇陛下は神であると信じ政治が宗教を利用して戦争をしたことからわかると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jig********さん

2019/2/606:42:18

イエス キリストは宗教によって神に祀り上げられた、聖書も一部を除き勝手に書き綴られた矛盾を呼ぶ内容になってます、政治滴背景は学校で習うような虐殺の体形です

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tam********さん

2019/2/602:24:23

どのような宗教かって、かなりざっくりした質問ですね(;^_^A

私もクリスチャンじゃないからよくわからないけど、
マザー・テレサの本読んだり、キリストの生涯についての映画とか見たりしたので
なんとなくはわかるつもりですが
おおざっぱに言えば愛の宗教ではないでしょうか?

仏教はそれほど愛を説いているとは思いません。
むしろ心の平安というか、苦しみから脱する方法について説かれている印象です。

ですが、キリスト教はそういうことではないですね。
弱い人を助けなさい、というようなことを言っていますよ、キリスト教は。

政治支配については、歴史を調べるとわかるかもしれませんよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる