6期生藤本美貴さんの脱退が無ければ、モーニング娘。ではプラチナ期(タカハシステム)を迎えず、人気を維持していましたか?

女性アイドル582閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

藤本美貴の脱退前まではさいたまスーパーアリーナでコンサートが出来たのだから藤本美貴の脱退で人気は維持出来てません

0

彼女の前のリーダーである吉澤が卒業した時点でファンがだいぶ離れていたので、そこまで変化はないと思います。4期までの最後のメンバーが卒業と同時にファンを辞めた人もいたようですからね。

0

人気低迷もタカハシステムも5期加入から始まってます.. プラチナ期が想定外の失敗だっただけです.. 藤本美貴がいても人気維持は無理でした.. 想定外の不人気低迷が想定内の低迷にとどまっただけでしょう..

0

ずいぶん懐かしい話ですね。 当時ファン(というかヲタ)やってて、当の昔に卒業してしまいましたが。 安倍なつみが卒業した2004年以降はもう下降線だったと思います (多数のファンが今は昔Berryz工房や℃-uteファンになっていった時期でもあります。) こうして書いてみると驚きですが、翌年2005年にはAKBが発足していて今に続いてて、そこからアイドル業界が変わったのかな。 高橋愛ちゃんがリーダーだった時期は僕ももう離れてしまってましたが、AKBがいわゆるアイドル路線(TVなどでの露出)を増やしていったのとは裏腹に、ハロプロはダンスパフォーマンス(?)という方向付けがされてた印象です。 それがファン層からのニーズと一致してたのかはよく分かりませんが。 事実はアップフロントがどう考えても秋元率いる体勢にはかなわないと踏んで、正面衝突を避けたのかなと。 ブァンからするとどっちでもよかったんですが、TV露出が減ってったのは個人的には寂しかったですね。