ここから本文です

FXです。 根拠を持ってエントリーしたのにエントリー直後に反対側に進んでしまっ...

アバター

ID非公開さん

2019/2/721:02:42

FXです。
根拠を持ってエントリーしたのにエントリー直後に反対側に進んでしまったときです。

私の場合アタフタして損切りしてしまいます…
その後結局思っていた方に進んでしまいます。

所謂だましにあってもアタフタせずにいれる方は、どういう心境で対処していますか?
メンタルを強くできる方法が知りたいです。

出来ればFXで結果を出されている方よろしくお願いします。

閲覧数:
194
回答数:
9
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/2/804:55:08

結論を先に申せば、根拠の持ち方が甘いと思われます。
このようなご質問をわざわざされている時点で、結構な頻度でダマシに遭っているのだろうと思われます。
まぁわたしもよく遭遇します。しかしそれを想定できているか否かという違いは非常に大きいですね。



>>だましにあってもアタフタせずにいれる方

心境を問われれば、はっきり言って「面白くない」ですが、対処としてはダマシの値動きが根拠から外れているのか否かが先ず判断ポイントです。外れているならば損切、外れていないならば様子見です。
感情をゼロにすることは不可能ですが、ダマシを想定しておくことによって冷静になれる部分はあるでしょう。




>>メンタルを強くできる方法が知りたいです。

これができるに越したことはありませんが、人間そんなに強く賢くないものです。先ずは弱さを認めることですね。無理に克服しようとするよりも、弱さを受け入れ、その弱さに則したルールを構築することが賢明です。一番手っ取り早い方法は取引量を落とすことです。
ルール構築以外には仕組み作りです。例えば、わたしがトレーダー駆け出しのころ効果があったものは、評価損益の額を見えないようにすることでした。わたしはカネへの執着心が人一倍強いと自覚できたからです。あとはチャートの縦軸の値幅を拡げるなど。縦軸の値幅が狭いと、小さな値動きでも大げさな振れ方をします。そうすると気も逸りますね。非常によろしくないです。こういう小細工も案外絶大な効果を発することがあります。
ルール構築にしても仕組み作りにしても、そして弱さを克服するにしても、先ずは自己分析が肝要ですね。己を知らずして何の施しようもありません。

彼を知り己を知れば百戦殆ふからず。
彼を知らずして己を知れば一勝一負す。
彼を知らず己を知らざれば戦ふ毎に必ず殆ふし。

孫氏兵法の一篇です。孫氏自体わたしにとって座右の銘ですが、この一篇は特に相場に対う前に心に念じます。わたしは孫氏(ご存知かもしれませんが、人の名前ではなく書物の名前です。著者は孫武)に出会って(というか思い出して)から相場に対する姿勢が激変し信じられないほど改善されました。
サラリーマン時代からこの孫氏の存在は知ってはいましたが、ビジネス以外の特にトレードでまさか活かすという発想、それはなかなか生まれませんでした。




おまけ
ダマシを想定するということについて記しておきたいと思います。更に長文になってしましますが。このご質問に直接関係はありませんが、このご質問でのそもそもの問題点は、ダマシに騙されて初めて対処に迫られている点ですのでこの「おまけ」で記すことが、おまけでありながらわたしの回答では一番直接的には重要です。
先ずはなぜダマシというものが発生するのかを考えてみましょう。わたしもディーラーではないしそんな経験もないので確証はないですが、そもそもディーラーも人間ですよ。彼らにもノルマという個人トレーダーよりも多大なプレッシャーがあるのです。そして、彼らが使える資金も当然限られています。その与えられて資金でいかほど値を動かせるのか。この問いの答えにダマシの根源を見出せると考えます。
ダマシというアクションに打って出るそのメンタルのプロセスは割愛して、つまりは彼らも損切を巻き込まないと値を動かせないということです。この根拠については外国為替市場の取引高などをご自身で調べてみてください。取引高が高ければ高いほどディーラーにとっては敵が多いという状況である可能性が高いということです。
ダマシがどういうところで起きやすいかということは、過去に別の質問の回答で触れていますので参考になさってください。そのURLです↓
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q101996693...

アバター

質問した人からのコメント

2019/2/8 16:36:28

たくさんの回答ありがとうございました。
周りにFXをやってる人がおらず質問させて頂きました。
どの回答も大変有難く参考にさせて頂きます。
エントリーする際はもっと根拠を持ってエントリーするように気をつけます。
日々勉強ですね。
回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

>所謂だましにあってもアタフタせずにいれる方は、どういう心境で対処していますか?

相場では「間違い」ばかりです。→100回エントリーすれば、少なくとも50回は損するだろう…という前提で相場に参加してますよ。


>メンタルを強くできる方法が知りたいです。

たぶん「ない」と思います。

shonven_kozoさん

2019/2/800:21:47

抽象的な根拠のみでエントリーするからエントリー後に逆行するし、どれほど逆行するかがわからないから不安になる。

対策としてはもっとエントリー根拠を具体的に突き詰めるか、現在のエントリー根拠で基本的にどれほどの逆行幅があるのかデータを集めて確率的に損切り幅を設定するかの2つ。

「あれ?下に行くはずなのに...上に行くはずなのに...」

こんな心境ならアタフタするに決まっている。

g3g********さん

2019/2/723:49:00

皆んなそんなものだと思います。
何度か同じ様な経験を積む事によって、鍛錬されていきますよ。

nyu********さん

2019/2/722:44:12

ロットが大きすぎます。
分割でエントリーしてナンピンするなど下がってもまだ大丈夫な心持ちでやるとよいです。
ちなみにメンタルは鍛えれるわけではないです。破産や借金地獄をくぐり抜けると何か変わるかもしれませんが何百万程度では到底精神はかわりません。むしろ追い込めば追い込むほど精神的には弱くなると思います。、恐怖は増大しますから

2019/2/722:17:11

頑張るところが違うと思います。

メンタルを鍛えるのではなく、技術を磨くのが先です。
技術が身に付けば自信が付きます。
自信が付けば強靭なメンタルなど不要なのです。

また、ダマシはアタフタするモノではなく利用するものです。

ダマシを利用した手法を1つだけ紹介します。
https://wizard-fx-trader.com/my_method02/

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる