ここから本文です

新府城は、お堀があったのですか。 武田氏の新府城です。 以前新府駅から歩い...

unk********さん

2019/2/800:08:10

新府城は、お堀があったのですか。

武田氏の新府城です。
以前新府駅から歩いて訪れた記憶では、17号線(七里岩ライン)に至るまでに凹んだ土地がありました。あれが堀になるのでしょうか。

七里岩ラインの外側がお堀だったのでしょうか?
新府城は山城だと思いますが、お堀もめぐらしたお城になるのですか。
山城とお堀のセットだったのでしょうか。
お堀があるからと言っても、総構えと言う物ではないのでしょうか。
総構えと呼ぶものは、規模が全く異なるのでしょうか。

閲覧数:
44
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

川崎さん

2019/2/810:01:20

あの凹みが、新府城東側の堀になります。
ですので、七里岩ラインの外側に堀があったことになります。

新府城は、山と堀がセットになった城です。
城の防御ですが、西は七里岩の断崖、北は水堀と出構えと馬出、南は斜面と大手の丸馬出で固めらています。
東は、甲州街道が通り、城のすぐ側まで傾斜などがないため、新府城と甲州街道とを堀で隔てて防備されています。

ちなみに東の堀は、北の水堀に続いており、新府城は北から東にかけてぐるっと堀に囲まれています。


総構についてですが、新府城は未完成の城です。
城の内部もまだまだで、家臣の屋敷とされる痕跡も僅かです。
つまり、総構えにする以前に、まだまだ城そのものも、総構えで囲む武家屋敷や城下町すらありません。
ですので、新府城は総構えではありません。

もし、新府城が完成し、武家屋敷や城下町が形成されていたのなら、ゆくゆくは総構えと呼ばれる形式にしたかもしれませんね。

質問した人からのコメント

2019/2/14 22:40:44

お二方ともありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

AirBorneさん

2019/2/800:34:15

"新府城"で画像検索すると、往時の構造がある程度判りますよ。
北面から、東面にかけて、お堀があるみたいですね。
質問者様の通ったルートと比べて見てはどうでしょう。

新府城は、山や崖を巧みに活用してますけど、高い山の山頂とか、尾根を活用している構造とかも無いし、開けた台地の活用と言えるので、平山城の分類ですね。

総構えは、町、都市機能も含めた構造で、防衛の最前線も含めた外堀も、含めると広大な敷地を持つお城です。
なので、新府城は、総構えとはされていませんね。
(いずれは、城下の大規模開発と、発展を見越していたでしょうけど)、お城が完璧に完成する前に破棄されてしまいましたから、今なっては....

でも、もしも、無事に完成、城下も発展していたとしても、周辺の地形からすると、総構えに改修とかもないでしょうね。
城下の発展も、城の南東部、甲府盆地には開けているけど、逆方面は、ずっと台地ですし。

私も、桜の季節にあの界隈をドライブしますが、東西方向に行き来をしようとすると、河岸段丘ですごいアップダウンになりますよね。
七里岩台地に、東西が分断されているから、あそこに、大都市開発とか、総構えは難しと感じます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる