ここから本文です

デリカやFJなどのルーフの上に付けてるカゴってもともと何のためなのですかね?

sur********さん

2019/2/817:11:32

デリカやFJなどのルーフの上に付けてるカゴってもともと何のためなのですかね?

閲覧数:
28
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jun********さん

2019/2/907:01:18

ルーフラックですね。

元々はセミバン形状の車両の荷台用のシートを乗せる簡易棚として海外で作られた物の様ですが…

車体形状の参考、リンク先カーゴを参照

https://www.mitsubishi-fuso.com/content/fuso/jp/lineup/truck/super_...


軍用車(高機動車やジープ)の多目的棚だったと言う方もおられます。

どちらも証拠とされる記述はあるのですが…

私はどっちも信用していないです。


ただ個人向けに使う物が発祥だったとは聞かないので、何等かの事業用だったのでしょう。



国内での扱いは


要綱を満たしたルーフラックは国土交通省が認める指定部品に当たり、蝶ナットなど簡易な固定方法の物に付いては、取付したまま継続車検に通ります。

用途は手荷物を積める棚であり、大きな物は積めても積んで良い物品や重量が制限されているので、事業用の積載装置として使う場合、実質もろくな物は積めません。

ただし、車枠からはみ出ない範囲の物に限られ、最大積載量は手荷物の範囲
つまり、軽自動車なら高さ2.5mまで、普通車なら高さ3.8mまでで、最大積載量は何個ラックを増設しようが、合計で50kg未満と決まっています。

たまにラックを2個付ければ最大積載量が100kgになると思っている人がいますが、そうではありません。

また、バンなどの貨物登録車に取付して元々車体に指定された最大積載量以外に、積載できる重量が増えると考える方もおられますが…

貨物車に取付した場合は、合計の積載量が増えないばかりか、実際に積める重さはラックの重さが元々の積載量から差し引かれてしまいます。


いずれにしても、積載できるスペースは増えますが、大した物は積めない様になっています。


また、道交法以外の問題で、本来は危険物(ガソリンなど消防法で規定されている物)高圧ガス(圧縮空気やプロパンガスなどをいれたボンベ)の積載もやってはいけない事になっていますので…

国内販売メーカーの多くの説明にある

マルチラックとか、多目的棚と言う表現は今回は記載しないで置こうと思います。


大した物は積めません。
キャンプ用品は積めますが、そこにガスボンベを積む事は出来ません。

ルーフラックですね。...

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hid********さん

2019/2/820:50:20

キャンプ道具を積むため

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる