主人は個人事業主で、私は正社員では有りませんが社会保険取得して、年末調整は済んでますが医療費は、宙に浮いたままです。15万以上なくても、収入に応じて可能だと思うのですが、主人の申告時には、国民年金&国保

主人は個人事業主で、私は正社員では有りませんが社会保険取得して、年末調整は済んでますが医療費は、宙に浮いたままです。15万以上なくても、収入に応じて可能だと思うのですが、主人の申告時には、国民年金&国保 を入れますが、医療費が今年は13万ちょっとでしたが、私の収入の方が少ないので、私の方で医療費控除を申請しても、大丈夫でしょうか?ほんの、¥2000ぐらいの還付でも、嬉しいので。

税金24閲覧

ベストアンサー

0

決算書ができたら次で入力して確定申告書を作ります。 あなたの確定申告書も作ります。(ファイル名が同じになるので気を付けて保管します) https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl (書面提出) どちらが得かは二人の申告書を見れば分かります。

その他の回答(1件)

0

医療費控除の対象となる医療費の要件については、「納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること」とされています。 従って、医療費については、現実に医療費を支払った人の確定申告で医療費控除を行います。 夫婦で収入がある場合は、どちらの収入で医療費を支払ったか等は明確ではありません。 通常は、両方の収入を併せたものの中から支払っているわけですから。 従って、奥様が医療費を支払ったということで、奥様が確定申告で医療費控除を受けることについては問題はありません。 このようなことは、昔から、節税方法としてよく行われていることですから。

わかりました、以前は15万は、絶対だと思い、申告しなかった時もあり、収入に応じて出来ると分かってたんですが、少し迷ってたので…。丁寧な返答ありがとうございました。