ここから本文です

音域について質問です。自分はミックスボイスが出来ず、自声の喉締めで頑張ってhiB...

sho********さん

2019/2/1000:17:14

音域について質問です。自分はミックスボイスが出来ず、自声の喉締めで頑張ってhiBが出るくらいです。ですが、芯のある裏声?ヘッドボイスみたい感じの声で歌えばhiF〜hihiA#(ギリギリhihiB)ぐらいまで出せて、ボカ

ロの高音系のサビを原キーで歌えます。(インビジブル、ローリンガール等)この状態からどうすればミックスボイスに近づきますか?

閲覧数:
58
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eit********さん

2019/2/1016:35:58

ミックスボイスを地声裏声の中間の声で高音域を声門閉鎖し
地声として出す発声法及びその声、と定義して回答させて頂きます。

声帯のある喉仏にはそれを斜め4方向に引っ張る4つの筋肉がありますが、
個別に引くと前上で地声高音が、前下で地声低音が、後上で高音裏声が、
後下で低音裏声がそれぞれ出ます。

ミックスボイスはこれらの4つの筋肉のバランスを取り声を出す発声法で、
地声裏声の筋肉はそれぞれ別の筋肉なので同時使用出来ます。
地声裏声、前後2方向を同時に引き声を出すのがミックスボイス発声です。

腕立て伏せの経験があると分かると思いますが、最初10回で辛かったのが
慣れると60回でも楽に出来るようになります。
これは腕の筋肉だけの作業が背中の筋肉も動員されるようになる為です。
自分はミックスボイスもこれと似たメカニズムだと思っています。

このようにミックスボイスは地声を出す筋肉の延長線上にあるもので、
出来ればmid2Gのロングトーンが楽に出せるミドル発声直前までは
地声の閉鎖筋、伸展筋が鍛えられていることが望ましいです。

なので現在の高音曲が裏声で歌える状態はミックスボイス発声にとっては
なんらアドバンテージにはならないと思います。
先ず喉絞めをなくすことが最低限必要でそれでやっとスタート地点です。

安易なミックス(喉絞めシムラミックス鼻声ミックス)なら簡単ですが、
それの矯正はミックスボイス取得より大変だと思います。

質問した人からのコメント

2019/2/11 13:47:07

ありがとうございます。喉締めを治すよう頑張ってみます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる