ここから本文です

アストンマーティンとはどのような車なのでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2019/2/1021:02:30

アストンマーティンとはどのような車なのでしょうか?

閲覧数:
135
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/2/1406:07:27

よく勘違いされていますが、「現代アストン」と「純正アストン」の二種類まったく違います。
アストンはこの二種類にはっきり分かれるのです。

90年代db7以降の現代アストンはある程度の大量生産車です。
ゲイドンの最新設備の新工場で製作、ボディはプレス機使ってますし、エンジンは手組みとはいえません。
最近はなんとベンツ(AMG)のエンジンを載せたモデルもあります。
内装は高級レザーで洗練された雰囲気ですが、純正アストンの最高級コノリーと比べるとまったく違います。
ただ、デザインはスマートで誰の目にも美しくなり、工業品としての品質も格段に向上、価格もエントリーモデルは2000万円以下という、お金があれば比較的誰でも買える車です。

此に対して、90年初頭の旧ヴィラージュまでの、煉瓦作りのニューポートパグネル工場で造られたモデルは世界的に純正アストンと認識されています。
シャーシフレームは手で溶接、ボディは金槌で整形してヤスリで仕上げます、もちろん機械整形は一切しないのでそばでよくみるととても複雑な造形しています。
エンジンは職人が1人一基仕上げでポート研磨から手仕上げ、最後に自分の名前のプレートをエンジンに着けます。
内装も全て手縫い、気の遠くなるような長時間かけて一台が作られる、ハンドメイド車です。
革は最高級のコノリーのなかの最高級品です。ロールスロイスとアストンにしか卸されないもので、それをフロアからバッテリーボックスまで惜しみ無く手で貼っています。「一台に生後間もない子牛10頭を使用、そのうち一頭分は将来の補修用に車台番号とともにアストンで保管します」とカタログに書いてあります。
完全に貴族と英国でsirの称号を得たような成功者、ほんの一部の人のための車です。
チャールズ皇太子御用達です。
当時の価格でv8フェラーリの三倍ほどしていましたので今でいうと、6000万円位からといったところです。
ただ非常に生産台数は少なく、会社は万年赤字、貴族の皆さんの支援でなんとか潰れませんでした。

このように今のアストンは会社も上場して全くことなる車ですが、貴族の血筋は引いているといったところです。それは、エレガントながら乗り味は獰猛といった共通項に垣間見ることができます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mil********さん

2019/2/1601:00:52

ニューポートバグネル生産は DBはDB6まで
です。
DB7はジャガー工場で生産。
ニューポートバグネル生産はヴァンキッシュ が最終です。
ボディはアルミローラー式で手作りです。

ゲイドン生産はパネルも成形品。
でもアストン好きなら良いです。

DB9以前のアストンは維持には根性とお金要りますよ。

ned********さん

2019/2/1021:30:06

コンセプトは世界一美しい車です
唯一アストンマーチンだけが手作りの車です。

部品の裏とかに作って組み立て人のサインがあります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる