ここから本文です

なぜ自殺はいけないことなのでしょうか?また、人間に死を選ぶ権利は無いのですか...

syl********さん

2008/11/205:15:33

なぜ自殺はいけないことなのでしょうか?また、人間に死を選ぶ権利は無いのですか?(私に自殺願望があるわけではありません。あくまで生命倫理についての質問です)

閲覧数:
6,414
回答数:
17

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eff********さん

2008/11/602:07:51

〉なぜ自殺はいけないことなのでしょうか?

その行為が利己的であると判断するのが一般論です。
具体的な要因としては、電車への飛び込みや硫化水素による自殺の例など、第三者への被害または何らかの責務を負わされるといった事態が必然的に生じる為、その懸念や予測から行為自体を「悪」や「罪」だと先験的に知覚しているからでしょう。
しかしこれはあくまで結果論であり、では仮に誰にも被害が及ばない時は何が悪で何が罪なのかという疑問が残ります。少なくとも結果論に行為自体が本質的に不当だとする根拠はない。
一方、道徳論では代表的な意見としてそれが「親不孝」であったり「生きたくても生きられない人がいる」というような、ただの可能性をいかにも普遍的な存在のように示唆し、自殺が裏切り行為であること、または客観的に当事者への命の尊さや大切さを強調する。
通常自殺に至るまでには精神的苦痛、肉体的苦痛(病気等)といった負の要素が主な原因とされるわけだが、ではこの苦痛から解放されるにはどうすればよいか。
その最終的な判断が自殺ではないか。
いや、苦痛の程度によれば瞬間的、短絡的、感情的に行為に及ぶ場合もあるだろう(この場合、遺書などの明確な決意を示した物を残していない事が多く、本人に自殺の意図があったかどうかを証明するのは困難であり、結果的に自殺としているだけに過ぎない)。
これが苦痛からの解放を願って取った行為であるなら、それは言い換えれば自分で自分を助けたとも言える。
然るに道徳的には、その苦痛からの解放を死で取得してはならないというわけだ。
ただし「生きたくても生きられない人がいる」や「親からもらった命を粗末にするな」と言うスローガンは自殺を否定できる倫理上の正論でもなければ抑止力にもならない。
つまりは「生を望む人」から見た「死を望む人」または「命を無駄にする恩知らず」程度の見解ですよ。
呼び掛け自体を否定するつもりではないが、このようなことを述べる人は「何故自殺しようとするか」という本質の理解を全くしていない人だ。
自殺に至る過程を考慮すれば、追い詰められるような苦悩がなければ死を選択するはずがない。そこへ恩や命の有効性を示したところで苦悩が解消されるわけがなく、事はそれほど容易ではない。
また根本的な解決が無いという意味に於いては当事者も同様に「生きたくても生きられない人」に他ならない。
他方、宗教的に神の名の下に自殺が否定される場合もあるが、個人的には神が全ての創造者で全知全能な存在であるなら、何故自殺するような、人や他の生命を殺害するような者を造ったのか。何故全てを知っているのに敢えて禁じたことをしてしまう人間を造ったのか。と問いたい。こんなのは論外で、神を都合良く解釈しているだけだろう。
また、自己の死を選ぶ、望むことが悪ならばそれは利他であっても悪なのか。
仮に、ある命を救う為に自己の死を選ぶことがあるとする。
その場合もそのスローガンやら理念で否定するのだろうか。
しかしこれが利他になる時、それは途端に自殺ではなくなり行為自体の性質や正当性を問うこともなく「愛」や「自己犠牲」等と美化される。
その意志に至るまでにどのような要因や結果があっても、その性質、即ち自ら命を絶つことに於いては利己も利他にも代わりはなく自殺行為です。死を意識し、死を受け入れた結果の行為なのだから。
従って、自らの意志で死を選択し実行することは何ら不当ではなく、自分の為に死ぬか誰かの為に死ぬか、という意志とその結果があるだけです。
むしろ悪や罪があるなら、それは様々な精神的苦痛を生み出す社会や人間関係そのものにあると言えるでしょう。

質問した人からのコメント

2008/11/9 05:36:52

降参 たくさんの方から真摯な回答をいただきありがとうございました。
扱っているテーマがテーマなので、BAを選ぶのは容易ではありませんが、「生きたくても生きられない人がいる」と唱えている人は、自殺志願者も「生きたくても生きられない人」であることを分かっていないという、この方の見解に強く同意するので選ばせていただきました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/16件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rrr********さん

2008/11/506:13:46

人様に迷惑がかかるので、人様からみて自殺はいけません。

人間は自由に暮らしていると
考えがちですが、
意外と利害関係者が多いと思います。

たとえば、
・親/御兄弟/ご家族…資産の整理・弁済・今後の生活の決定などを行わなければいけません
・近所の人…部屋の片づけとか警察への連絡、マスコミ対応などを行わなければいけません
・マンションのオーナー…資産がいわくつきの物件になってしまうので、今後の収入に影響があります
・勤め先の関係者…その人が残していった仕事をフォローしなければいけません
・自殺した場所に関係のある人…電車自殺ならその電車に乗らなければならなかった人、土地の所有者もその土地がいわくつきの物件になってしまいます
・未来にその人から利益を得るはずだった人…利益が得られないばかりか、マイナスになってしまいます。

という感じで、利害関係者が多い。
その人から見れば、自殺はマイナスになりこそすれ、
プラスになることはない。
したがって、自殺はいけないことです。

また「権利」ということを質問内容に挙げていますが、
「権利」は利害関係者の存在があってはじめて存在します。
そして利害関係者にとって、自殺されることは迷惑なことでしかないので、
自殺はいけません。

この世に一人しか住んでいないのであれば、
別にどうという問題もありません。
しかし、そのような人は一人も存在しません。

dek********さん

2008/11/501:02:52

自由に生きる権利を持っているから、当然死を選ぶ権利も持っているでしょう。
しかし、死を選ぶ権利は大体他人に侵害される。

cel********さん

2008/11/401:34:12

神が禁じたから、です。
信じていない人にとっては、別にどうということもありません。

宗教や文化が違えば、とうぜん倫理も異なります。
切腹とか殉死とか、自殺が美徳だったりすることもあるわけで。

sme********さん

2008/11/304:03:37

普通の死も避けたいものなのに、進んで死ぬのは不自然だし、自殺の多くが、こっそり行われる行為。死ぬことは悪いという意識がどこかにあるからでは。

ただ、ごく少数の人で、明確に思うところがあって死ぬことにした、という思想的な自殺はまだ受け入れられるかもしれません。
三島由記夫とか…

kyo********さん

編集あり2008/11/301:16:26

勉強して赤点をとる。恥ずかしいでしょう。
勉強しないで赤点をとる。もっと恥ずかしいでしょう。
でも、赤点を取りたかったらいとも簡単に取れるでしょう。
でもそういうことをする奴は周りの友人や親から、馬鹿にされたり心配されたりします。
なぜ赤点をわざわざとるのか、ということです。

自殺もそれと同じです。自殺することはできますが、なぜ死ぬのか、ということです。

試験があるからには、それに向けて勉強すればいい。
赤点を取るつもりなら最初から試験を受けなければいい。でも人生ではそういうことはできません。
そもそも人には、生まれた瞬間からその「試験を受ける権利」「生きる権利」がまず与えられているのです。
選ぶ権利はありません。最初から生きる権利しかないのです。
その権利を行使するもしないも自由、なのかもしれませんが、単純に、その権利を行使しない人はわざと赤点を取る人と同様に、批判されるというだけです。
ただ、自ら生きるために死を選ぶという場合は想定できます。でもそれは非常にレアなケースです。
多くの場合、自分の生き方(例えば職業、職務)を曲げずに、自殺の道を選ぶ人が多いのです。本来なすべきことは逆です。自分の生きる権利をこそ重視し、ストレスを感じ、生きにくくなったならば、あっさりと辞めてしまえばよいのです。ただし、責任を放棄しろ、といっているのではありません。また会社は本来、一人一人の従業員に目を配り、そのようなストレスを生じさせないように努力すべきなのです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる