ID非公開

2019/2/14 16:55

11回答

留置権者が所有者の同意を得て目的物を賃貸した場合,留置権者は賃料を債権に充当することができる。 これって具体的にどんな状況が想定されるのですか? 教えてください。

留置権者が所有者の同意を得て目的物を賃貸した場合,留置権者は賃料を債権に充当することができる。 これって具体的にどんな状況が想定されるのですか? 教えてください。

法律相談17閲覧

ベストアンサー

0

例えば、スクーターの修理に出したが修理代10万円が払えず、留置権を行使されたとします。 「そのスクーターを第三者に貸し出して、その賃料から修理代を返す」という承諾を本人からもらえば、留置権者はそのスクーターをレンタルして修理代金を回収できるということです。