ここから本文です

プラセンタ注射後に、今後献血ができなくなると言われました。 約1年前、結婚式...

aaa********さん

2019/2/1418:39:09

プラセンタ注射後に、今後献血ができなくなると言われました。

約1年前、結婚式前に少しでも肌を綺麗にしたいと思い、近所の皮膚科(内科もあり)でプラセンタの注射を勧められました。

の際、より効果の高い(?)ヒト由来のプラセンタを1回だけ注射してもらいました。
その1週間後にまた病院に行ったところ、前回忘れていたプラセンタの同意書にサインしてほしいと言われ、その時に「今後献血はできない」と始めて言われました。
それを知っていたら注射しなかった、と思ったものの、その場の雰囲気で言いづらく同意書にサインしてしまいました。
1年経って、やはりモヤモヤが消えず、でもどうしたらいいか分からない状況です。

もし夫や近親者が輸血を必要とした場合、自分の血液は提供できるのでしょうか?
できないとしたら、告知せず注射をした病院に対しての悔しい気持ちをどうしたらいいでしょうか?

詳しい方、アドバイスをお願いします。

閲覧数:
4,871
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bea********さん

2019/2/1501:11:02

始めに同意書を書いてから打つの当たり前で、あなたはいい加減な皮膚科にかかったのです。

私はもう1年半以上、打ち続けているので、親族が必要な場合でも
提供出来ません。

が、どれくらいしたら献血出来るか検索をしてみたらどうでしょうか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「プラセンタ注射」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kkk********さん

2019/2/1720:05:35

今の時代、ドラマのように「この中にA型の血液の方はいらっしゃいませんか?緊急に輸血が必要なんです!!」みたいな事はまずありません。

GVHD対策の為に最低でも採取後1週間以上経った血液であったり、放射線照射で白血球やリンパ球を除去した血液が使われます。

また、既出ですが近親者の場合もGVHDの確率が上がる為、禁忌とされます。

どうしても献血したい、献血が趣味だというのでなければ気にする必要は無いです。

mir********さん

2019/2/1719:23:19

回答になっていないかもしれませんが、献血、そして輸血というのは、ぜったいにやってはいけないものなのです。

ブログにまとめたので参考になさってください。https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly...

uec********さん

編集あり2019/2/1422:25:33

〈もし夫や近親者が輸血を必要とした場合、自分の血液は提供できるのでしょうか?〉
親近者輸血は、輸血後1~2週で発熱・紅斑をもって発症→肝障害・下痢・汎血球減少が進行→これに伴い出血・感染症がみられる【GVHD(移植片対宿主病)】を起こす危険性が高いから、出来ないですよ?
一旦GVHDを発症すると9割以上の患者が死に至り、有効な治療法は確立されていないそうです。
親族間では、遺伝子の差が少ない為、GVHDを起こしやすいんだと。
あとね今の時代に血中検査もせずにいきなり輸血する事なんて有り得ません(あとヒト由来プラセンタ打ったからアウトです)。
だから旦那さんに輸血されるのは、献血後の細菌検査をクリアした何処の誰だか知らない人の血液です。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/輸血後移植片対宿主病

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる