ここから本文です

どう考えても歪だよな、それ…といった出来事からの心理的ダメージを避ける、かわす...

sak********さん

2019/2/1923:26:37

どう考えても歪だよな、それ…といった出来事からの心理的ダメージを避ける、かわす、洗い流すには?

モラハラ・パワハラ・セクハラ・歪な愛・嫉妬・見下し・足の引っ張り合いなど、普通でないおかしなムードや関係には、人は誰でも「おかしなムード」と分かるだけに、意外と心理的ダメージを感じやすいですよね。

しかも、それをあっさり言語化し難いことも多いですよね。
こけて怪我をした、といったわかりやすい理由ではないが、万人がジワジワと傷つくだろうなあといった理由なために。


こんなタイプの出来事からの心理的ダメージは、意外と理由を整理し難く、心の中で長引くために、かえって時間的余裕がない私たち現代人には、有害です。

言語化し難いため、切り替えや発想の転換にも、うまく気づかなかったりして。

どうやって、そんなタイプの心理的ダメージを極力、早めに洗い流しますか?

閲覧数:
12
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

rou********さん

2019/2/2000:36:13

ご質問の趣旨が上手く掴めませんが、「どう考えてもおかしいと感じた出来事から心理的ダメージを受けるが、その理由が不明なためにいつまでも気になる」ということかと理解しました。

まず、他者のおかしな言動により「どう考えても自然ではない、一般的ではないなど異質なものを感じて不快になる」。
このとき、言動の内容によりモラハラ・パワハラ・セクハラ・歪な愛・正当な愛だが心配し過ぎ・嫉妬・見下し・足の引っ張り合い・羨望、憧憬などからの過剰な関心などの理由が窺えることもあるし分からないこともある。

心理的ダメージは苦痛や不快の程度に比例して長引くのであり、原因が判明する、しないはそれほど重要ではないかと思います。

また、相手との関係性の大きさにも比例して、相手と密接であればあるほど気になるでしょう。

一般的には何か他のことに集中するなどして不快感等を忘却するのがよろしいようです。
言語化するなどして頭で考えて納得することで自分の気分が治まるのであれば、その事柄とそれが自分に及ぼす影響に対して検討する、今後同じことが起きないように対策するなど、何らかの結論を得るのがよろしいと思います。

  • 質問者

    sak********さん

    2019/2/2009:28:34

    そうですね。

    理由は、頭ではわかりやすいけど、歪なことをする人というのは、だいたいは変な人、癖のある人。

    普通の人なら、他人をどう思っても、他人の立場を考え、他人にダメージになるかもということは、社会的に避けたがる。

    私は、過去のトラウマから、私がそういうことをされたら、自分が社会的に追い詰められたような心理的ダメージを受けやすいようです。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる