ここから本文です

乳児の予防接種先について、ママさんたちに教えて頂きたいのですが、現在1ヶ月半の...

ran********さん

2019/2/2310:47:36

乳児の予防接種先について、ママさんたちに教えて頂きたいのですが、現在1ヶ月半の子供がいて、これから予防接種が始まります。いまは主人の赴任先に滞在しており、1歳〜2歳になる頃まではここ

をメインに本宅(地方)と行ったり来たりする予定でいて、初期の予防接種は赴任先の病院でお世話になります。妊娠中〜出産、1ヶ月検診は大学病院(車で5分)へ通っていて行き慣れているのですが、近所(歩いて5分)にこどもクリニックがあります。これから子どもが熱など出た時など、近所のクリニックにお世話になっておいた方がいいのかな?と考えた時に、予防接種から通っておいた方がいいのか、予防接種を受ける場所は別として考えていいのか、どうでしょうか??

閲覧数:
91
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zeh********さん

2019/2/2317:40:48

診療する立場から回答させてもらえるならば、別に過去の受診歴があろうがなかろうが、体調不良があれば丁寧に診させていただきますよ。まして、ここが悪い、ここが痛いとまだ言えない年齢・月齢のお子さんでしたらね。

ですから通いやすいところで予防接種なり健診をされるのが良いです。転居などで予防接種や健診の病院やクリニックが変わるのもよくあることですし、途中で変わっても問題になることはありません。ただ、ロタのワクチンをされるのであれば2種類のワクチンは互換性がありませんので、最初の2回あるいは3回は同じところで予防接種されるのが良いです。

あとは、一般患者さんに混ざって待たされて予防接種や健診を行うスタイルのクリニックはではなく、予防接種や健診の曜日や時間が決まっていて、ご病気のお子さんとは同じ空間で待たされないスタイルのクリニックの方が安心でしょう。

まだお尋ねになりたいことがあれば、書いていただければ手の空いたときにでも回答しますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lot********さん

2019/2/2316:23:16

まず予防できない
ワクチンを打たせることに
もっと慎重に熟知されてからご判断された方がいいと思いますよ。

ワクチンの成分はご存知ですか?
自己免疫力を落とさせて
得られるメリットはどこにあるとお考えですか?

病院も国も守ってはくれませんよ。

a_m********さん

2019/2/2314:30:32

ワクチンは強制接種ではありません

そもそも
患者もいない
自然治癒もする
対処療法でも治る
副作用のリスクがある

何故そのようなワクチン接種が必要なのでしょうか?


ワクチンの歴史において
ワクチンの導入で感染症患者が減少したのではなく
インフラ整備による衛生面と栄養面の向上で
感染症患者数が減少したのです

http://kozawa-iin.sakura.ne.jp/img/gurafu.jpg

ワクチン開始は患者数の減少後に
ビジネスとして登場しています


ワクチンは
日米年次改革要望書により
米国製薬業界の強い圧力により勧奨が求められ
米国の為に接種させられています

ワクチン行政ビジネスの実態
https://www.youtube.com/watch?v=77vqd0xA2-Q

ワクチンは約150種類の添加物などが
直接血管内に直接入ることで排除出来ずに
免疫抑制をかけて、感染症の慢性状態を作り出します

ワクチンは Th2 サイトカインを増やし、Th1 サイトカインを抑制して
子供の体内でIgE抗体の産生を増加させ
ぜんそく、アトピーなどのアレルギー反応を誘発するので
アレルギーや喘息・アトピー
自閉症・発達障害の原因になるのがワクチンです。

昭和22年以前の
米国に支配されていない時代のご老人達は
ワクチン接種などしていないので
アレルギーやアトピーなど無縁です


予防とは感染しない自己免疫力の向上です。

赤ちゃんにとっての予防は母乳の質で決まります。


ワクチンがあぶない!
https://www.youtube.com/watch?v=rxMO7U5YDl8

すべてのワクチンは一切効果が無く有害
https://www.youtube.com/watch?v=uvmD1l97PI0


【日本脳炎】


2012年11月1日から3か月の副反応報告では、
報告数41件、うち重症は11件にのぼっています。
同年には接種後に2名の死亡者が出ています。
これに対して、2012年に、日本脳炎を発症した子供はゼロ
発病者よりもワクチンによる犠牲者の方が多くなっています。

日本脳炎ウイルスはリンパ節で増殖し血中を流れていきます。
しかしこの時点で抗体を体内で作れるため自然治癒します。

日本脳炎の抗体は
感染研調べで非接種群であっても10歳になると
約80%が保有することがわかっている


【ヒブワクチン】

ヒブは特におそろしい菌ではありません。
健康な子供の喉にも見つかる常在菌です。

ヒブワクチンの接種後に健康状態が悪化し、
死亡した例が、2012年秋~2013年3月にかけて国内で7例も報告。

幼児にはいくつものワクチンを同時接種します。
同時接種のために、どのワクチンが原因かわかりにくくなり
亡くなった理由はほとんどが乳児突然死症候群という
原因不明の疾患のせいとされてしまっています。


【ロタワクチン】

ロタは脱水症状に気をつけて通常1〜2週間で自然治癒します。

ロタウイルスのワクチンとして米国で認証されているワクチンの一つ
『ロタリックス』は「豚ウイルス物質に汚染している」ため
医師は使用を停止するようにと
米国連邦健康当局が勧告を出したことをCNNレポートが伝えています。

2008年にFDAによって承認された
グラクソスミスクライン社が製造する
ロタリックスワクチンはすでに世界で3000万人
米国だけでも100万人に接種されています

FDAが新しい技術を使って
ワクチンにウイルスが混入していないかを調べたところ
グラクソスミスクライン社の製品に汚染物質が見つかり同社に伝えています


【肺炎球菌】

肺炎球菌は、人の鼻やのどなどに常にいる常在菌です。
肺炎球菌による細菌性髄膜炎で
乳幼児が亡くなるのは年間1人または2人です。
対して、2010年11月の接種開始時から2013年3月までに
18人もの接種後の死亡者を出しています。

厚生労働省ファクトシート

肺炎球菌ポリサッカライドワクチンファクトシート
PPSV23ニューモバックスNP

諸外国からの報告では
肺炎球菌性肺炎に対する予防効果は見られなかった。

13価肺炎球菌コンジュゲートワクチンファクトシート
PVC13プレベナー13
市中肺炎(日常生活肺炎)に対する予防効果は示されていない

審査結果
本剤が肺炎球菌による感染症を予防する効果をどの程度有するのか明らかでない


【おたふくかぜ】

1981年おたふく風邪ワクチンが市販され、任意接種が開始したが
ワクチンによる無菌性髄膜炎の発生が問題となり
各社独自株によるMMRワクチンの接種も行われたが
1993年にMMRワクチンの使用は中止

2014年の時点でMMRワクチン接種による健康被害
厚生労働大臣により認定されているのは総数1041名
死亡一時金受給者3名
障害児養育年金受給者2名
障害年金受給者6名


【BCG】

結核は現在では死の病ではありません。
また、菌を持っているだけなら人にはうつしません。
ところがBCG接種の副反応と考えられる骨炎などは増加しています。

BCGワクチン接種後に骨炎等が発生するリスクは
3,300~108回接種して1回程度であるとされています。
0~4歳児の人数が500万人なので
結核になる確率よりもBCGワクチン接種後に
骨炎になる確率の方が100倍高いのです。

1979年にインド南部で開かれたBCG評価の裁判では
ワクチンはバチルス性結核には予防効果がないという事実が公表

これはインド医学研究協議会(ICMR)が
世界保健機構(WHO)と米国の協力を得て
1968年から徹底した調査を行った結果
インド政府はWHOの専門家とも度々協議し
調査完了後1年程してから公表した公表文書には
BCG接種を受けたグループの結核発病率の方が
接種を受けなかったグループよりも僅かながら高かったと示されています

BCGワクチンはアメリカ初め欧米では殆ど接種されていません


【四種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風、不活化ポリオ)】

四種混合に含まれているジフテリアは、日本でかかる人は年間2人
現在では抗生物質ですぐに治る病気です。
また、百日せきは死に至るような危険な病気でもありません。
破傷風の患者数も、日本人1億3000万人のうち、
120万分の1、宝くじに当たるような確率です。
世界のほとんどの国でポリオは根絶宣言が出されました。
日本では1981年以降、ポリオの患者は一人も出ていません。


【MR(麻疹、風疹)】

大人も子供も、現在の日本では麻疹にかかって命を落とすことはまずありません。
2004年以降、子供にはしかによる死者は出ていません。
また、風疹は「3日ばしか」といって軽い病気です。
近年MRワクチンを打っていても麻疹や風疹にかかる人は増加

イスラマバード市内の病院は
運ばれてきた麻疹の子どもたちの50%以上は
以前に予防接種を受けていました。

Tabish Hazi博士は、暗黙的にワクチン接種プログラムは
予防接種の効果がないことを述べる。
重症化の予防効果もないと公言しています。

元製薬会社の2人のウイルス学者は
ワクチン有効性偽造事実を
10年以上にわたり訴訟を起こしていることが判明!

http://blog.livedoor.jp/sagittariun/archives/3676168.html



【B 型肝炎】

B型肝炎のリスク因子は性交渉です。
0歳児から必要だと思いますか?
ワクチンは子宮頸がんワクチンで問題のMSD社製造のハプタバックス
どちらも遺伝子組み換えで作られ
添加物・アジュバンドには水銀・アルミニュウムが使われています
アジュバンドは動物の不妊剤としても有名です。
~1996年
フランスの市販後医薬品安全監視に
200例の中枢神経脱髄性疾患(MS多発性硬化症)が報告

2004年Hernanらの論文で
遺伝子組み変えB型肝炎ワクチンと多発性硬化症のリスクは
「B型肝炎ワクチンの接種によりMSになるリスクは3.1倍に高まり
他のワクチンではこのような現象は見られなかった。」と発表

2014年11月、Dominique Le Houezecの論文
ワクチン出荷本数の推移に1年遅れて、
MSの発症報告が推移する。極めて強い相関がみられる

Jane Orient 医師の議会での発言
多くの子供にとって
B肝炎ワクチンの重篤な副反応のリスクは、B型肝炎のリスクの100倍



【発達障害、自閉症】

このように、乳幼児のワクチンスケジュールに
ほとんど必要性がないことがわかります。

しかし、すべてのワクチンには副反応の恐れがあり、
発達障害や自閉症の原因としてもワクチンが疑われます。

自閉症の研究・医療団体ジェネレーションレスキューは
カルフォルニア州とオレゴン州で
子供を持つ親を対象に
ワクチン接種と未接種を比較する調査を行いました。


対象となった子供の数は17674名で結果は以下の通り

ワクチン接種した子供の喘息罹患率は120%増
ワクチン接種した子供の男児のAMHDの罹患率は317%増
ワクチン接種した子供の男児の神経疾患罹患率は185%増
ワクチン接種した子供の男児の自閉症罹患率は146%増



■ワクチンの有害物質

【チメロサール】
チメロサールは、成分の半分がエチル水銀です
水銀は神経軸索や脳細胞に損傷を与えます
(DPT、インフルエンザ)

【ホルムアルデヒド】
シックハウス症候群」の原因物質のうちの一つ
国際がん研究機関により
グループ1の化学物質に指定され発癌性
(インフルエンザ)

【アルミ】
免疫作用を働かせるためアシュバンドとしてアルミを使っています
アルミは脳に蓄積すると脳機能に影響を与えます。
(インフルエンザ、DPT、ビブ、肺炎球菌、日本脳炎)

【デオキシコール酸ナトリウム】
動物臨床で、脳関門の損傷、皮質体積の減少、神経細胞の減少
(ほとんどの生ワクチン)

【グルタミン酸ナトリウム】
脳で興奮毒になり脳機能を損傷
(ほとんどの生ワクチン)

【ポリソルベート(界面活性剤)】
脳関門の損傷、皮膚のバリア破壊
(DPT、ビブ、肺炎球菌、日本脳炎、インフルエンザ)


子供を守るのは親の知識です。

正しい知識を身に付けて強い子供に育てて下さい。

プロフィール画像

カテゴリマスター

meg********さん

2019/2/2311:21:04

万が一を考えたら、近所のクリニックは初診じゃない状態にしていた方が安心です。
熱が出て受診しても、よっぽどじゃない限り予約制の病院なら最後になりますから。
予防接種は全部同じ病院じゃなくても大丈夫です。
病院の様子、先生と会ってお話しするには、良い機会ですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる