ここから本文です

大腸ポリープが六つありました。

sak********さん

2019/2/2623:39:19

大腸ポリープが六つありました。

四つは切除できましたが
残り二つは切除できませんでした。
直腸に五センチと二センチのポリープです。
医師からは大腸esdという処置が必要と言われていますが、この先考えられる治療はどういったものが考えられますでしょうか。
治療期間や処置等教えてください。

閲覧数:
329
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

b_a********さん

2019/2/2720:31:18

5cmというと、すでに巨大、と言ってもよい大きさです。一般的な内視鏡では、ポリープをワッカで括り取るのですが、そのワッカの大きさから、20mm程度より大きいとそのままでは取ることができません。

このポリープをどうするか、ですが、2つの方法があります。1つは全身麻酔でおなかを切るタイプの手術です。この場合、腹腔鏡を使ったとして入院期間は2~3週間です。

もう一つは、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)というもので、内視鏡を使って、大きなポリープの周りを切っていってペロっと取るものです。この場合、入院期間は10日程度です。

ESDは、体への負担が少ないのですが、取るのはポリープの部分だけなので、万一リンパ節まで達していた場合などは、取り残しとなってしまい再発します。そのため、リンパ節への転移がないことが確実な場合にのみ使用します。また、実施できる病院も限られます。今回、お医者さんがESDを提案したということは、すでに癌ではない、あるいは癌であっても転移がないことが確認済みなのかもしれません。もしくは、単にESDの適用できる可能性があることを示しただけかもしれません。

手術の場合、大腸を切り取りますので体への負担が大きく、場所によっては手術の後遺症として排便障害になったり人工肛門となってしまうこともあります。(ポリープの場所による)一方、リンパ節もまとめて取って転移を確認するため、万一リンパ節に転移していた場合でも再発の危険は少なくなります。

2cm、5cmともなると、癌の可能性は常に考える必要があります。今後、今の病院、もしくは今の病院から紹介される大きな病院で方針を決めていくと思います。CTなどの画像診断でのリンパ節や肝臓、肺への転移有無の確認、手術に耐えられるかの検査、もしかしたら、もう一度内視鏡で中を見て様子を確認などです。

大腸癌はよくある病気なので、ここから先はベルトコンペアに乗ったように流れていきます。今の時点ではあまり先のことを心配せず、一歩一歩進めてください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる