ここから本文です

質問です。

gom********さん

2019/3/220:46:34

質問です。

よく、車の立体駐車場に、使われてる、

ハロゲン型消火設備がありますよね。
その(ハロゲン)は匂いがあるのでしょうか?あと、体の害についても教えてください。

閲覧数:
22
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/3/220:54:58

⚫︎ハロゲン化物消火設備とは

消火剤(ハロン1301、1211、2402)は、燃焼連鎖反応の抑制の効果により消火を行なう。

⚫︎もともと航空機搭載用として開発されたものであり、重量容積が小さくても単位容積当たりの消火力は大きく、特に液体燃料の火災に対しては消火時間が極めて短い。

その他、耐電性が大きく、耐金属腐食性、安全性もあり、揮発性も大きく、放射後に汚損を残さない。

しかしながら、ハロンはオゾン層を破壊する物質のため、代替する物質が開発されておりハロゲン化物消火設備の消火剤としてはHFC-23、HFC-227eaがこれにあたる。

設置場所は、駐車場・電気設備室・通信機室等。

⚫︎消火剤の種類
ハロン1301、ハロン1211、ハロン2402、HFC-23、HFC-227ea
・放出方式の種類
1. ハロン1301・・・全域放出方式・局所放出方式・移動式
2. HFC-23、HFC-227ea ・・・全域放出方式

【例】ハロン1301消火設備
⚫︎概要
ハロン1301は、常温大気圧下では無色無臭で毒性が少ない安定した気体です。

このハロン1301の液化ガスを更に4.2MPa(20℃で)まで窒素ガスで加圧して、高圧ガス容器に貯蔵・保管し、火災の際には遠隔操作で容器弁を開放し、自圧で対象区画に薬剤を放出し消火します。

室内容積の5%程度の薬剤をすばやく放射することで迅速に消火することができます。

⚫︎特長
ハロン1301消火薬剤は、燃焼反応を化学的に抑制することで消火します。

薬剤は火災の熱により分解し、臭素ラジカルを遊離し、これが火炎中のHやOHの活性種を捕捉して燃焼の連鎖反応を中断します。この負触媒効果が消火の原理です。

5%程度の低濃度で迅速確実に消火でき、消火後の汚損も少ない高性能の消火薬剤です。

⚫︎ハロンは今でも使用できます。

ハロンはオゾン層破壊物質であるため、モントリオール議定書に依り、日本では1994年1月1日以降、生産は 中止しましたが、使用が禁止されたわけではありません。

ハロンバンクは消防庁、環境省の監理のもと「リサイクルハロン活用ガイド」を作成し、クリティカルユース(必要不可欠な分野における使用)でのハロンのリサイクルを積極的に進めています。

また、既存のハロン消火設備にあっては、放出後の補充はすべてに認められています。ハロンバンクには、約17,000トンのハロンが登録されており、不要となった消火設備から回収された" ハロンが年間約100トンリサイクルされています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2019/3/220:47:23

体には影響ないと思うぴ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる