ここから本文です

NHKは何故NHK杯で羽生善治九段を九段と呼んでいるのでしょうか? 名誉NHK杯は他の...

kan********さん

2019/3/321:30:09

NHKは何故NHK杯で羽生善治九段を九段と呼んでいるのでしょうか?
名誉NHK杯は他の永世名誉称号と違って呼称に条件は無いと言ってるじゃないですか?

実際囲碁の坂田名誉NHK杯は取得以降ずっと坂田名誉NHK杯だったじゃないですか?

NHKは自分の決めた事も守れない様な組織なのでしょうか?

NHKが羽生善治九段を羽生善治名誉NHK杯と呼ばない合理的な理由は有るのでしょうか?

補足http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/shogitou/

これ見て正直驚きましたよ
NHKはぶっちゃけ何を考えているのですか?

まーNHKが自分が決めた事を全く守りもしないのは今に始まった事じゃ有りませんが
ぶっちゃけ失礼では?

閲覧数:
696
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tic********さん

2019/3/417:47:04

羽生九段の選択ではなく、現役(引退してないので)、名誉称号は使わないというNHKの見解、、、どこかで読んだ記憶あるが、、、

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「羽生善治」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

asa********さん

2019/3/415:04:37

NHKは羽生氏に名誉称号は送ったけど、それを今後必ず使いつづけるなんて宣言はしてなかったはず。
「自分の決めたことも守れない」っていうけど、NHKがそんなことを決めてたなんて知らなかったな。
いつ誰がどうやって決めたのだろうか。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

mic********さん

編集あり2019/3/412:35:12

名誉NHK杯についてですが、

坂田栄男は、1977年57歳のときに通算10回のNHK杯を獲得。そのときには、名誉NHK杯という規定もなく、名誉NHK杯の有資格者になった、というわけでもなかったのです。
その後、日本棋院の創立55周年だったかの折に、NHKから坂田に特別顕彰として、通算10回の優勝(その後もう1回優勝する)に対して名誉NHK杯を贈る、と、坂田への特別な配慮だったのです。

また、囲碁におけるタイトルの名誉称号は「引退後に名乗ることができる」という規定が最初で、高川に限って本因坊9連覇の実績により現役中から名誉本因坊を名乗ることが許されました。
「引退後、または満60歳から名誉称号を名乗る」という規定の変更は1985年前後からです。

名誉NHK杯は、タイトルの名誉称号規定とは関係のない、NHKが独自に坂田個人に過去の実績に鑑み贈呈したものなので、NHK杯戦においては、坂田栄男名誉NHK杯選手権者の呼称で通すことになった、という特別な配慮がありました。

その後、NHKとしても、トーナメント戦で10回優勝なんてそうそうあることもないだろうと思ったのか、名誉NHK杯なんて規定も明文化もされずにずっと来ていたのです。
ところが、将棋界で羽生さんが7回8回と優勝するにつれて、「羽生さんもNHK杯を10回優勝したら名誉NHK杯ですよね?」という声があがるようになり、これは拙いと、急いで名誉NHK杯選手権者規定を作りました。

他の方とのやりとりで、「就位」ということに言及されておりますが、名誉称号は「贈位」であって「就位」するものではないと思いますが、就位されたという事実はありますか?

坂田のときは、正規の規定もなく、名誉として贈られたものであって、NHK杯戦においてはこの呼称を、というのを、本人も棋院も快く承諾したようなことでしょう。

羽生さんは、規定の下で、本人や連盟の意向が優先すると思われます。
公の場において、本人が「前竜王」のような資格・地位の呼称を望まないとした以上は、名誉NHK杯と呼ばれることも望まないだろうとNHK側も配慮したであろうことは理解できます。

nag********さん

2019/3/407:33:51

「羽生スランプ突入」
「羽生無冠」
「羽生もうちょっとで100」
「羽生スポーツジムコーチ」

「羽生スランプ突入」
「羽生無冠」
「羽生もうちょっとで100」
「羽生スポーツジムコーチ」

プロフィール画像

カテゴリマスター

otu********さん

2019/3/406:51:58

基本的に永世、名誉称号を名乗れるのは引退後です。
しかも名誉NHK杯はNHKの将棋番組内限定です。
よって引退後、NHKで過去を振り返った際に使われると言う限られた称号となります。

mus********さん

2019/3/323:33:25

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本将棋連盟の佐藤康光会長と羽生九段が協議し、本人の意向を踏まえて九段を名乗ることを確認した。佐藤会長は「羽生さんが前竜王ではなく、九段を肩書としたのは、まだ第一線で戦う前向きな意志と捉えています。実際、挑戦権に近い位置にいる棋戦もあります」と話した羽生九段が段位を名乗るのは1989年12月の第2期竜王戦七番勝負挑戦時の「六段」以来となる。羽生九段は91年3月の棋王獲得以降、今年12月までタイトルを一つ以上保持し続けていた。通算獲得タイトルは99期。羽生九段は第31期竜王戦七番勝負の開幕直前、本紙の取材に対し、「タイトルを失ったら段位を名乗ります。でも、それ(失冠)を恐れることなく前を向いて戦います」と話していた。(読売新聞の記事)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本人が九段を名乗ると明言しているからです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる